東京都の野生植物について学べる植物園

神代植物公園 植物多様性センター

じんだいしょくぶつこうえん しょくぶつたようせいせんたー
  • 1.情報館
  • 2.雑木林エリア
  • 3.石灰岩地エリア
  • 4.高茎草地エリア
  • 5.海岸砂地エリア
  • 6.礫地エリア
  • 7.キキョウ
  • もずお

基本情報

開園時間
午前9時30分~午後5時

休園日
毎週月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
年末年始(12月29日~翌年1月1日)

入園料
無料

交通案内

お問い合わせ先

神代植物公園 植物多様性センター
〒182-0011 調布市深大寺北町1-4-6
TEL:042-485-1210

おすすめ情報

概要

神代植物公園 植物多様性センターは、2012年(平成24年)4月29日に東京都の植物多様性保全の中心的役割を果たす施設として、開設されました。

東京都に残された貴重な植物や環境を次世代へと継承するため、絶滅危惧植物の「保護・増殖」や「情報収集・発信」を行い、植物多様性保全の重要性を「教育・普及」する拠点として、活動を展開しています。

植物多様性センターは、植物を植栽展示している学習園と、室内展示施設の情報館から構成されています。

東京都は、奥多摩にみられる亜高山帯から伊豆諸島・小笠原諸島まで、多様な環境を有しています。学習園ではこのうち、奥多摩・武蔵野・伊豆諸島のゾーンを設け、それぞれの景観を再現しています。そして東京都の自生植物を中心に、およそ1,000種の植物が植栽されていて、身近な普通種から、生育環境が限られていたり、個体数が少なかったりして、野外ではなかなか見ることができない種まで、多くの植物に出会うことができます。

こうした植物に関心を持っていただこうと、植物には名札を積極的に取り付けています。

情報館内でも、フィールドニュースボード等で、開花中のものをはじめ、見ていただきたい植物を紹介しています。

学習園の植物を通して、東京都の多様な環境に目を向け、関心を持っていただければ幸いです。

 

.絶滅危惧植物の保護・増殖

都内の絶滅危惧植物を保護するため、生息環境の調査や技術助言、栽培による個体の維持、無菌培養による増殖を行っています。
また、他の公園や植物園などと連携し、種子の採取・保存なども行っています。

 

 

 

 
2.絶滅危惧植物の情報収集・発信

植物の保全活動に関わる情報収集・発信の拠点として、他の植物園や大学、保全団体などとの意見交換・情報共有を行う「情報連絡会」を開催・運営しています。
また、X(旧ツイッター)やニュースレター「おとしぶみ」による、見ごろの植物紹介やイベント案内を行っています。

 

 

 

3.植物多様性に関する教育・普及

情報館では季節ごとの植物解説展示や生体展示を行っています。学習園では四季を通して植物の形態変化や生存戦略の観察を行うことができます。
ガイドツアーや講座、学校向けの学習プログラムを通じて、植物の魅力や保全の重要性を伝えています。

※学習プログラムは原則10人以上40人未満、実施日の1ヶ月前までにお申し込みください。申し込み状況によって、ご希望に日時に実施できない場合があります。ご了承ください。また、自然環境系に関わる団体向けに団体ガイドも受け付けています。お申し込みの条件は学習プログラムと同様になります。ご不明点がある場合はお電話か受付までお問合せください。

※ガイドツアーについてくわしくはこちら→PDF

 

 

 

 

記念誌1 はじめに-01

【植物多様性センターガイドブック】(2023年3月公開)

開設10周年を記念して「開設10周年記念 神代植物公園 植物多様性センターガイドブック」を作成しました。
学習園の代表的な植物の写真(300種以上)のほか、保有している植物の目録、無菌培養の取組、これまでの展示・講座・学習プログラムの一覧を掲載しています。

 1.表紙、目次、植物紹介の見かた(1-5) (PDF)
 2.植物紹介 奥多摩ゾーン(6-27) (PDF)
 3.植物紹介 武蔵野ゾーン(28-47) (PDF)
 4.植物紹介 伊豆諸島ゾーン(48-57) (PDF)
 5.植物紹介 園内各所(58-71) (PDF)
 6.植物紹介 写真の索引(72-77) (PDF)
 7.植物目録(78-95) (PDF)
 8.無菌培養 (96-101) (PDF)
 9.活動記録(102-110) (PDF)
ご感想やご意見がございましたら、ぜひお聞かせ下さい。→アンケート回答

公園情報

  • 開園年月日

    2012年4月29日(平成24年)

  • 主な植物

    東京都に自生する野生植物

  • 施設

    多機能トイレ(オストメイト、おむつ交換台)、授乳室、車いす貸し出し(1台)、AED(情報館の執務室にあります)

ご利用にあたっての注意

●ペットを連れての入園はできません。

●植物・動物は採取できません。(キャッチ&リリースでも不可)

●園内は禁煙です。

  • AED設置公園施設
    この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。

写真ギャラリー

花の見ごろ情報

情報館

マップ

学習園ガイドマップ

▼詳細なマップは、下記ファイルをダウンロードしてください。

マップダウンロード

アクセスマップ

アクセス

所在地

〒182-0011

東京都調布市深大寺北町1-4-6

交通案内

~電車・バスでお越しの方~

京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口行き「神代植物公園前」下車


~お車でお越しの方~

中央自動車道の調布インターから5分程度です。
※駐車場(有料)

神代植物公園正面入口からのルート案内

  1. 神代植物公園正面前
    右手に正面入口を見ながら、大きく左へ回ります。

    道案内1

  2. 神代植物公園正面前
    右手に神代植物公園を見ながら、約90m直進します。

    道案内2

  3. 神代植物公園第一駐車場前
    駐車場前の横断歩道を駐車場側へ横断します。横断後は右方向へ進みます。ここの横断歩道は手動式です。
    左前方に植物多様性センターの案内の看板が見えます。

    道案内3

  4. バス停脇、掲示板前
    停留所のすぐ脇に植物多様性センターの掲示板があります。見どころや催し、植物の紹介などが掲示されていますので、御覧ください。
    停留所の脇を過ぎ、更に直進します。

    道案内4

  5. 神代植物公園植物多様性センター西門前
    その後60m進むと、西門へ到着します。

    道案内5

駐車場

神代植物公園第一駐車場

  神代植物公園第一駐車場の画像
都内駐車場は東京都道路整備保全公社が運営する「s-park」へ

神代植物公園第二駐車場

  神代植物公園第二駐車場の画像
  • TEL

    0424-88-3234
    第一駐車場の電話番号となります
  • 住所

    高額紙幣(一万円札、五千円札、二千円札)はご使用になれません。

    普通車
    1時間まで300円
    以後20分毎に100円
    入庫後12時間最大料金 1200円(*最大料金は繰り返し適用されます。)

    交通系電子マネー及びICクレジットでのご精算ができます。

    場内での無料 Wi-Fi(フリースポット)を24時間(1日3時間まで)ご利用できます。


    (駐車場利用料金免除について)

    ただし、以下の期間の利用料金は1回500 円とする。
    ①1月1日の午前9時以後に入庫し、入庫当日に出庫した場合
    ②1月2日から同月3日まで
    ③4月29日及び5月3日から同月5日まで
    ④春、秋のバラフェスタ開催期間内の土日祝日
    ⑤その他、指定した日の指定した時間帯
    ※第一駐車場は通常料金です。

    ※バラフェスタ期間中は、大変、混雑が予想され、満車の場合は駐車ができないことがございますのでご了承ください。
    又、路線バス走行の為、満車時の入庫待ち駐車は出来ません。


    ※②~④については、有料区域の開園時間の1時間前を起算としてこれ以後に入庫し、入庫当日に出庫した場合に限る。
    24時以降は通常の駐車場料金を適用する。

  • 営業時間

    24時間営業
  • 駐車台数

    常設 100台(うち身障者用2台)
    臨時駐車場有
都内駐車場は東京都道路整備保全公社が運営する「s-park」へ