日本庭園と洋風庭園が調和

旧古河庭園

きゅうふるかわていえん

お知らせ

2022/11/04

10月28日(金)~11月6日(日)伝統技能見学会〈庭園の冬支度〉開催

旧古河庭園211114冬支度準備 (16)_01 雪吊りの準備の様子
旧古河庭園211211伝統技能見学会(7)_02 雪吊り設置の様子
旧古河庭園211211伝統技能見学会(2)_03 パネル設置
旧古河庭園211211伝統技能見学会(17)_04 昨年の職員の解説の様子

旧古河庭園では二十四節季『霜降(そうこう 朝晩の冷え込みが強まり、北の地では霜が降り始める頃)』を目安に日本庭園の冬支度を始めます。
コモ巻きや松の雪吊り、ソテツの霜よけはこの時期から準備や設えが始まります。
これらの冬支度の知識や技術が、庭師達に伝統技能として受け継がれています。
当イベントは、実際に維持管理の現場をご覧いただきながら、パネルや職員の解説等で庭園の冬支度について説明します。
より詳しくお聞きになりたい方は作業中の庭師たちにお声がけください。
庭園の冬を彩る伝統的な設えの製作過程やその意味を知ってみると、景色が違って見えるかも?
皆様のご参加をお待ちしています。


●日時
令和4年10月28日(金)~11月6日(日)※荒天中止
10時30分~16時

●場所
園内各所
※場所は当日窓口にてお尋ねください

●参加費
無料(入園料別途)



【ご注意】
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、ご参加の際は下記のご協力をお願いいたします。

・咳エチケット、充分な距離が取れない場合のマスク着用
・体調が優れない、発熱のある状態でのご来園を控えていただくこと
・ご来園時の手指の消毒・こまめな手洗い
以上のことをご了承のうえ、皆様が安心してご参加いただけるようご理解とご協力をお願いいたします。