見どころ

レーガン桜

view02401.jpg

この桜は、レーガン元大統領夫人が来日した際に贈られた苗木を舎人公園に植樹したもので、鈴木都知事(当時)により「レーガン桜」と命名されました。日米親善の「桜の特使」として里帰りした桜でもあります。
このレーガン桜の苗木を採取した親木は、1912年(明治45年)に日本がアメリカに寄贈した荒川堤の桜(通称五色桜)がワシントン・ポトマック河畔に植えられたもので、当時の大統領夫人ヘレン・タフトが植樹したことから「タフト桜」として今日まで親しまれています。

池と水辺の生きものたち

【舎人公園】みどころ 池と水辺の生き物.jpg

自然環境に恵まれた舎人公園は動植物の宝庫。園内北東エリアにある大池にはヒメガマやヨシが自生し、カルガモなどの水鳥をはじめ魚や昆虫など様々な生き物にとって格好のすみかとなっています。
また南東エリアには自然観察園が設けられています。野鳥の保護区域のため立ち入りはできませんが、観察窓から池や樹木に集まる野鳥を観察することができます。

噴水とじゃぶじゃぶ池

view02403.jpg

公園の中心部には水路で結ばれた大小2つの噴水があります。入口に近い小噴水は御影石のオブジェから扇状に水が広がる独特のスタイルで、大噴水とともに公園に清涼感を添えています。池を隔てた反対側にはウォータースライダーを備えたじゃぶじゃぶ池があり、シーズン中は子供たちに水遊びの場を提供しています。(夏休み期間中のみ開放)

あさひの広場

見どころ_あさひの広場.JPG

ここは足立区で最も高い、標高17.5m地点。ここから360度の眺望を楽しめます。天気の良い日には東京スカイツリーや東京タワー、富士山まで一望できます。(画像はあさひの広場からの眺望)

ページの先頭へ戻る