施設について

公園施設

御成座敷(おなりざしき)

 
 
百花園には早い時期から、身分の高い武家や僧侶の休憩場所として、数寄屋造りの「御成座敷」の一棟がありました。この御成座敷は松尾芭蕉のファンであった酒井抱一の設計と伝えられています。
創建当時の御成座敷は戦災によって焼失してしまいましたが、1958年に現在の集会施設として再建されました。

お部屋は、将軍様がおいでになった「御成の間(10畳)」、「中の間(8畳)」、芭蕉の像が飾られていた「芭蕉の間(8畳)」の三部屋があります。現在では、「御成の間」と「中の間」は襖でつながり、「芭蕉の間」は廊下で分かれていますが、襖をはずして二部屋、もしくは、三部屋を併せて使用できます。
江戸の昔に思いを馳せながら、お食事を楽しんでみませんか。
外観 内観

 

ご利用の詳細はこちらをご確認ください。
 

ページの先頭へ戻る