東村山中央公園 この公園について

outline05101.jpg

東村山中央公園は、武蔵野の自然が色濃く残るなか、この緑の保全と再生をめざして整備されました。
公園の東・西地区の樹林を中心として、バードサンクチュアリ、流れ、ゲートボール場、じゃぶじゃぶ池などがあります。
また、狭山・境緑道に隣接しており、サイクリングロードのオアシスになっています。

outline05102.jpg
開園年月日
昭和63年6月1日
開園面積
121,098.87平方メートル(平成27年7月1日現在)
主な植物
コナラ、アカマツ、クヌギ、サクラ、ケヤキ 、ツバキ、クスノキ、クルミ、ハナミズキ、チューリップ、ポピー、ヒマワリ、コスモス、キク

ご利用について

ペットをお連れの方へ
散歩はリードを忘れずに。フンはお持ち帰り下さい。
あなたのマナーに感謝します。
AED設置公園施設
この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。
喫煙マナーのお願い
喫煙は、多くの利用者が集まる場所・広場や受動喫煙のおそれがある場所などではご遠慮いただいております。公園内における喫煙マナーについて、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
撮影について

公園を探そう