ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

ひとくちメモ

東京都 区部の公園

【公園名】石神井公園

【コメント】
ところによっては散り始めていますが、まだまだ見ごろは続いています。週末までもつかどうかといった具合です。

【公園名】光が丘公園

【コメント】
イチョウはほぼ落葉していますが、一部はまだお楽しみいただけます。モミジ等も落葉しはじめているため、おはやめにお越しください。

【公園名】芝公園

【コメント】
イチョウは各号地で色づき始めており、部分的に見ごろな状態。
モミジは月末の急な冷え込みにより見頃を迎えている。

【公園名】砧公園

【コメント】
砧公園では、約1000本のケヤキが紅葉します。
他にも桜やイチョウ等があり、色とりどりの紅葉を眺めることができます。
ファミリーパーク内では、常緑樹の緑とのコントラストがきれいです。
ケヤキはほとんど落葉しています。
イチョウの一部はまだ見頃です。
モミジはこれからが見頃です。

【公園名】林試の森公園

【コメント】
綺麗に色づいています。

【公園名】善福寺川緑地・和田堀公園

【コメント】
例年11月下旬ごろに見頃を迎えます。
善福寺川緑地は、子供の広場の川側と上流のイチョウ、和田堀公園は、第一競技場横のイチョウがおすすめです。

【公園名】木場公園

【コメント】
イベント広場のイチョウは美しい黄色に染まっています。
都市緑化植物園内のイチョウ並木は散り終わる寸前の名残の美しさです。
今年は長く黄葉を楽しんでいただけそうです。

【公園名】城北中央公園

【コメント】
毎年、公園正面入口や競技場横のイチョウ並木は毎年見事に黄葉します。
高さ10mを超す大きなケヤキとの競演も見逃せません。イチョウ、ケヤキは散り始めています。落葉をお楽しみいただけます。
12月中旬頃まで刻々と変わる公園の表情を、ぜひお楽しみください。

【公園名】舎人公園

【コメント】
散り始めました。強い北風が吹くと散ってしまうので、お早めにお越しください。

【公園名】戸山公園

【コメント】
大久保地区・箱根山地区ともに、イチョウは見ごろをむかえています。モミジは、まだ、まだらな状態で、これから見ごろをむかえます。ただし、散り始めているところもあります。

【公園名】大泉中央公園

【コメント】
降雨による散りもありますが、園内の紅葉は見ごろを迎えています。

【公園名】蘆花恒春園

【コメント】
日当たりの良い箇所を中心に、園内各所で概ね見頃です。黄色や緑から赤へのグラデーション等、美しい景色が広がっています。秋色に染まる公園へ、ぜひおでかけください。恒春園区域のモミジの見頃は、まだこれからです。引き続き、Twitter@ParksRokaで園内の情報を発信していきます。画像付きで紅葉状況をご確認いただけますので、ご活用ください。

【公園名】日比谷公園

【コメント】
首賭けイチョウは見頃過ぎ。S字園路のイチョウ並木は8割方黄色く、見頃。雲形池周りのイロハモミジも見頃。全体的に今が一番のピーク。

【公園名】水元公園

【コメント】
当園の紅葉の名所となる「メタセコイア」は例年12月上旬ごろに見ごろを迎えます。葉がレンガ色に染まりとても美しいです。

【公園名】代々木公園

【コメント】
イロハモミジやオオモミジも多少緑色をのこしながらも、見ごろとなっています。

【公園名】駒沢オリンピック公園

【コメント】
ケヤキは、落葉しました。イチョウも散り始めてはいますが、まだ紅葉が楽しめ園内は落葉の絨毯が美しいです。

【公園名】上野恩賜公園

【コメント】
イチョウは見頃となりました

東京都 市部の公園

【公園名】小金井公園

【コメント】
イチョウが見ごろです。モミジの紅葉も見ごろとなり、園内は秋の深まりを感じます。

【公園名】陵南公園

【コメント】
落葉のため今年度の紅葉情報の提供は終了しました

【公園名】府中の森公園

【コメント】
気温が下がり、園内各所で真っ赤に染まって見ごろとなっています。

【公園名】武蔵野公園

【コメント】
園内全体でモミジは散り始めていますが、まだ鑑賞できるものもあります。

【公園名】東大和南公園

【コメント】
園内は樹木だけでなく、地面も落葉で埋め尽くされていて、正に秋の風景といった状態です。ただ場所によってはかなり散ってしまっているところも出ています。また1本しかありませんが、イチョウがキレイに黄色となっています。

【公園名】狭山公園

【コメント】
トウカエデの林と宅部池のイロハモミジのトンネルはまだ見頃です。

【公園名】桜ヶ丘公園

【コメント】
もみじ平をはじめとした園内各所のモミジが見ごろとなりました。

【公園名】神代植物公園

【コメント】
当園では、かえで園にイロハモミジやオオモミジなど約50品種120本、池周辺にメタセコイア・ラクウショウ・カツラ並木のほか、はなもも園脇のイチョウなど園内各所に紅葉を楽しめる樹木が植えられています。
かえで園を始め、園内の紅葉が色づき、見ごろをむかえはじめました。下池岸のメタセコイアとラクウショウの並木が見ごろです。

【公園名】井の頭恩賜公園

【コメント】
ハゼノキ、イチョウ、ラクウショウ、ポンドサイプレス、ケヤキ、メタセコイア、ドウダンツツジ、ムクノキ、エノキ、イヌシデ等が紅葉し、また、落葉が盛んで冬枯れの風景に変わってきています。モミジは見頃となり、全体が真っ赤な木が見られます。

【公園名】野山北・六道山公園

【コメント】
雑木林はだいぶ葉が落葉し、ピークは過ぎましたがまだ散策を楽しんでいただけます。
落葉の園路はさまざまな色合いを見せています。
冬の準備を始めた公園の散策へ是非お越しください。

【公園名】小宮公園

【コメント】
サービスセンター前広場や三段広場のイロハモミジの紅葉は進んでいて、見ごろになっている。雑木林のコナラとクヌギの黄葉も見ごろを迎えている。

庭園

【公園名】小石川後楽園

【コメント】
園内全域で見ごろを迎えています。例年は12月はじめ頃まで、紅葉をお楽しみいただけます。

【公園名】六義園

【コメント】
池周辺は見ごろが続いています。剡渓流(せんけいのながれ)付近は色づきが進み見ごろとなっています。また、つつじ茶屋周辺も色づきが進んでいます。園内には紅葉する木が560本あり、庭園を彩ります。例年12月上旬頃まで見ごろが続きます。
今年の「紅葉と大名庭園のライトアップ」は中止です。

【公園名】浜離宮恩賜庭園

【コメント】
浜離宮恩賜庭園では、延遼館跡や潮入の池周辺など園内各所で紅葉をお楽しみいただけます。
イロハモミジ(延遼館跡、潮入の池周辺)、トウカエデ(潮入の池周辺)は見頃が続いています。
360年以上の歴史を誇る当庭園で、ぜひ江戸の秋の趣を体感してください!

【公園名】向島百花園

【コメント】
江戸時代に花園として開園した当園では、モミジやイチョウ、ハゼ、ニシキギなどの紅葉のほか、ススキがたなびく草庭の色づきをお楽しみいただけます。

【公園名】旧古河庭園

【コメント】
紅葉が見頃になっています。園内各所には職員おススメビュ-スポットがあります。場所や時間により変化する景色をお楽しみください。また彩り豊かなモミジの手水鉢が人気です。

【公園名】殿ヶ谷戸庭園

【コメント】

【公園名】旧芝離宮恩賜庭園

【コメント】
小石川後楽園とともに、今に残る最も古い江戸初期の大名庭園の一つ。典型的な池泉を中心とした回遊式庭園で、その地割りと石組は秀逸。例年モミジは11月下旬から12月上旬に見頃を迎える。220本ある松の緑とモミジの紅葉のコントラストを楽しみたい。

【公園名】旧岩崎邸庭園

【コメント】
当庭園の紅葉の見どころは、大イチョウです。推定樹齢400年と言われており、正門から続く馬車道を登っていくと勇壮な姿をご覧いただけます。大イチョウは今が見ごろです。
例年見ごろは11月下旬~12月上旬です。

【公園名】清澄庭園

【コメント】
清澄庭園の中の島では、例年11月中旬頃からハゼノキが真っ赤に染まります。鮮やかなハゼノキの紅葉が水面に映り、マツと名石の美しい庭園景観の中で、秋景色のアクセントとなっています。
庭園に隣接する開放公園のイチョウやモミジの紅葉も一緒にお楽しみください。

ページの先頭へ戻る