中国趣味ゆたかな深山幽谷

小石川後楽園

こいしかわこうらくえん

お知らせ

2024/04/01

「清明(せいめい)」 4/4~4/18の見どころ

【小石川後楽園の二十四節気】

二十四節気はまもなく「春分」から「清明」に移ります。

清明とはすべてのものが清々しく明るく見える頃のこと。今年の春は雨が多く低温が続きましたが、気温が上がれば一気に桜の開花もすすむと思われます。萌え出した新緑が美しい季節です。ぜひご来園ください。

 

この時期の当園の旬の情報などを紹介いたします。

小石川後楽園240401 (13) モミジ

葉先に赤く見えるのは蕾。これから線香花火のような小さい花が咲きます。爽やかな新緑をお楽しみください。

小石川後楽園240401 (15) シャクナゲ(石楠花)

愛宕坂の斜面のシャクナゲが見ごろです。白色や淡いピンク色に咲き誇る様子はゴージャスな花束のよう。シャクナゲの花言葉は「荘厳」「威厳」など。

小石川後楽園240401 (20) キブシ(木五倍子)

丸屋(まろや)前、玉のれんのような黄色い房状の花をつけているのはキブシの花。かつてキブシの実は乾燥させ粉にし、お歯黒として利用されていたそうです。

小石川後楽園240401 (18) ユキヤナギ(雪柳)

白く小さな花が風に流れるように咲く姿が美しいユキヤナギ。俳句の季語では「小米花(こごめばな)」とも。梅林手前、神田上水跡にかかる石橋付近に咲いています。

小石川後楽園240401 (11) サクラの花

小石川後楽園には枝垂れ桜が5本、ソメイヨシノなどが約30本あります。

4月に入り、ソメイヨシノは一分咲き程度、馬場桜(枝垂れ桜)は見頃をすぎ葉桜になってきました。

X(旧Twitter)でもサクラの開花状況をご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

https://twitter.com/KorakuenGarden