ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

庭園へ行こう。  > 殿ヶ谷戸庭園  > 概要

概要

outline03601.jpg

武蔵野の自然の地形、すなわち段丘の崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」。崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころのひとつです。

outline03602.jpg

ここは、大正2年~4年に江口定條(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となりました。昭和40年代の開発計画に対し本庭園を守る住民運動が発端となり、昭和49年に都が買収し、整備後、有料庭園として開園しました。
なお、庭園の名称は、昔この地が国分寺村殿ヶ谷戸という地名であったことに由来します。
殿ヶ谷戸庭園は平成23年9月に国指定の文化財(名勝)となりました。

基本情報

●開園年月日 昭和54年4月1日
●開園面積 21,123.59平方メートル(平成27年7月1日現在)
●樹木数 高木:
低木:
芝生:
●主な植物 イロハモミジ、モッコク、アカマツ、モウソウチク、ツツジ、フジなどがあります。
その他の植物については、年間カレンダー(花)をご覧下さい。
●施設 集会場(紅葉亭)

車いす通行可ルートはこちら

庭園へ行こう。  > 殿ヶ谷戸庭園  > 概要