ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

庭園へ行こう。  > 六義園  > お知らせ

お知らせ

2018/7/13

「Old meets New 東京150年」事業について

2018年が江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目であることを記念し、「Old meets New 東京150年」事業を実施します。
東京150年を記念して復活するカッパバッジがついに発売されました。販売箇所や販売方法等は、HPをご確認ください。


「東京150年」HP(カッパバッジの紹介) … https://www.tokyo-150.jp/badge
「東京150年」ツイッター…https://twitter.com/Tokyo150nen?lang=ja


お問い合わせ:政策企画局 調整部 03-5388-2187(直通)

180712_tokyo_banner_rgb_B.PNG

ページの上部へ

2018/7/11

【六義園】「紅葉と大名庭園のライトアップ」開催決定!

六義園161129紅葉と大名庭園のライトアップ (60).JPG

鏡のように水面にライトアップが映し出されます

DSC_0326.JPG

庭園を眺めながらお抹茶をどうぞ

PB290449.JPG

山陰橋周辺は約400本のモミジが圧巻のモミジ谷

六義園171203紅葉と大名庭園のライトアップ (4).JPG

滝見茶屋では石組と紅葉の両方楽しめます

DSC_0857.JPG

日中は幻想的な紅葉の世界に迷い込んだよう

今年も、都内有数の紅葉の名所である六義園で18回目を迎える「紅葉と大名庭園のライトアップ」の開催が決定しました!
期間中は開園時間を21時まで延長し、秋の夜に朱色や黄金色に色づく木々が浮かび上がり、
水面にまばゆく映し出される様子をお楽しみいただけます。
幻想的な姿を見せる六義園で、落ち着いた秋の佇まいと艶やかな紅葉をお楽しみください!

期間 平成30年11月17日(土)~12月9日(日) 
  9時~21時(最終入園は20時30分)
  ※期間中は駒込駅から徒歩2分の染井門を開門いたします
  ※16時30分以降は安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。

内容
 (1)ライトアップ 
    時間:日没~21時

 (2)もみじ茶屋
    場所:吟花亭付近
    時間:10時~20時30分(荒天時休業の場合あり)
    内容:軽飲食の販売

 (3)抹茶茶屋
    場所:吹上茶屋・心泉亭
    時間:【吹上茶屋】9時~20時30分(L.O.20時)
    【心泉亭】平日:12時~20時(L.O.19時30分)
         土日祝日:10時30分~20時(L.O.19時30分)
    内容:抹茶と和菓子セット、六義園オリジナルお土産の販売

 (4)お土産処
    場所:サービスセンター前
    時間:9時~20時(荒天時休業の場合あり)
    内容:六義園オリジナルお土産の販売

 (5)庭園ガイド
    時間:各日11時、14時(各回約60分)
    内容:庭園ガイドボランティアの案内で、紅葉の季節ならではの園内散策をお楽しみください。
    集合場所:サービスセンター前及び染井門売札所前

ページの上部へ

2018/7/10

【六義園】夏の六義園~お江戸歴史体験~

DSC_1670.JPG

楽しみながら園内を回りましょう

六義園170822六義園アドベンチャー.JPG

六義園博士になれる問題をそろえています

六義園160829六義園アドベンチャー3.JPG

問題は3種類。お気軽にどうぞ

六義園160826法被を着て記念撮影2.JPG

提灯を持って記念撮影もできます

六義園170714木陰にあるつつじ茶屋.JPG

真夏でも木陰が多く、涼しい風が吹き抜けます


六義園では、園内の各所をクイズに回答しながら巡る「六義園アドベンチャー」や「ちょうちん片手に記念撮影」と、親子で楽しみながら体験できる催しを実施します。歴史と緑あふれる夏の六義園で、江戸の文化に触れてみませんか。


期 間  平成30年8月18日(土)~26日(日)


【六義園アドベンチャー】
 時 間  9時~15時
 受 付  サービスセンター窓口

「六義園アドベンチャーシート」を受け取ったら、シートを持って園内各ポイントにある
六義園の歴史や樹木等に関するクイズに答えながら、園内を巡ってください。
答え合せののち、高得点の方にはその場で六義園オリジナルの景品をプレゼントいたします。
問題は日本語/英語でご用意しています。
日本語についてはじっくり60分コース、お時間のない方向け40分コースの2パターンありますので
スケジュールにあわせてお気軽にご参加ください!


【ちょうちん片手に記念撮影】
 時 間  9時30分~16時 ※荒天中止
 場 所  サービスセンター横

六義園特製ちょうちんと法被を身に着けて記念撮影していただけます。
法被は、庭師などの職人や町火消が着用していたもので、提灯は、電気のない時代に使われていた持ち運びできる照明です。
庭園を背景に記念撮影をどうぞ。子供サイズの法被もございます!


楽しみながら日本庭園、日本文化を身近に感じるこの機会にぜひお越しください。

ページの上部へ

2018/6/25

★募集終了★【六義園】「江戸うちわづくりに挑戦!」のお知らせ

六義園「江戸うちわづくりに挑戦!」にたくさんのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。
本イベントは定員に達したため、募集を締め切らせていただきます。
引き続き、様々な催しを実施してまいりますので、皆様のご来園をお待ちしています。

DSC_0680.JPG

六義園でオリジナルのうちわを作ろう!

DSC_1023(ぼかしあり).JPG

昨年の様子

DSC_1127.JPG

さっぱりした冷抹茶セット付

六義園170706滝見茶屋.JPG

完成したうちわ片手に園内散策はいかがですか

六義園160930玉藻磯からの中の島-2.jpg

夏の六義園にぜひお越しください


夏に向けて、六義園でオリジナルうちわを手作りする「江戸うちわ」づくり教室を開催します。

伝統工芸「江戸うちわ」は、江戸時代、浮世絵や木版刷りの技術を取り入れて、歌舞伎役者の似顔絵や美人画、風景画などを描いた絵うちわとして流行し、小粋な夏の風物として江戸の女性の装飾品として好まれていました。
現代まで続くこの「江戸うちわ」は竹の選別から始まり、完成まで21もの工程があり、非常に丹念に作られています。

今回、六義園では「江戸うちわ」作りの技術を継承してきた職人を講師に迎え、オリジナルのうちわを作っていただきます。
小さなお子様も楽しく作ることができます。ぜひご家族・ご友人と、緑あふれる六義園で日本の伝統の技に触れてみませんか。

日  時:平成30年7月28日(土)
    10時~12時(受付は9時30分から)

場  所:六義園サービスセンター

内  容:六義園とうちわの歴史を学びながら、「江戸うちわ」づくりを行います

講  師:太田 美津江氏(伝統工芸士)

定  員:20名(事前申込制・先着順)

参加費:2,000円(入園料別途)※冷抹茶付き

お申込み:6月25日(月)からメールにて受付いたします。(受付終了)
 メールの件名に「江戸うちわ作り申込」とご記入の上、
 本文に①江戸うちわ作り ②参加者全員の氏名 ③代表者の電話番号 をご記入の上、
 rikugien-event@tokyo-park.or.jp
 までお申込下さい。
 ・1件につき4名様までお申込みいただけます。
 ・定員になり次第、受付終了となります。

みなさまのご応募をお待ちしております。

ページの上部へ

2018/5/25

【六義園】職員によるアジサイ特別ガイドとサツキ見頃のお知らせ

r20170607-014_original.JPG

職員がアジサイの見どころを解説します

DSC_0860.JPG

青色が美しい深山八重紫

DSC_0693.JPG

アジサイをかたどった季節の和菓子

DSC_0853.JPG

新緑の中心地よい風が吹き抜けます

DSC_0936.JPG

サツキまもなく見頃!


例年より少し早くサツキが見頃を迎えそうです。
大泉水や出汐港周辺の景色は、和歌の浦の海辺の景色を模して造られた雄大な景観ですが、
この時期は池の周りを取り囲むようにサツキが咲き、とても明るく可愛らしい印象となっています。
大泉水の水面に映りこむピンクと緑の世界は一年でもこの時期にしか見ることはできないので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。

また、同じく現在花数を増やしている当園の和のあじさいについても、現在「深山八重紫」や「七段花」「甘茶」などが見頃、その他「紅てまり」「紅やま」「紅額」「白鳥」などが咲き始めています。
この園内のアジサイについて、普段よりアジサイを手入れしている当園職員が解説する「アジサイ特別ガイド」を実施します。
街中で見かけるアジサイとは異なる、和のあじさいの魅力を深くお伝えし、ガイド後にはアジサイの見分け方が分かると大変好評のガイドですので、ぜひお気軽にご参加ください。

アジサイ特別ガイド
5月24日(木)・29日(火)・6月3日(日)・6日(水) 各日13時30分~※雨天中止
参加無料(入園料別途)
正門サービスセンター前集合

ページの上部へ

庭園へ行こう。  > 六義園  > お知らせ