ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

庭園へ行こう。  > 六義園  > お知らせ

お知らせ

2019年5月18日

集会施設(心泉亭・宜春亭)使用料のお支払いにあたり、便利な銀行振込での受付サービスを開始します!

yoyaku.png

これまで集会施設「心泉亭・宜春亭」のご利用にあたっては、前月15日までに六義園サービスセンター窓口で「有料施設使用申請書」にご記入の上、使用料を直接お支払いいただいておりましたが、令和元年6月1日より、便利な銀行振込みでのお支払い受付サービスを開始いたします。

銀行振込みでの使用料のお支払いにあたっては、以下のフロー図のとおり所定のお手続きが必要となりますので、ご希望の方は六義園サービスセンター(TEL:03-3941-2222)までお問い合わせください。

ページの上部へ

2019年5月17日

【六義園】さつきと和のあじさいの開花状況

190517小紫陽花.JPG

小紫陽花(コアジサイ)

190517七段花.JPG

七段花(シチダンカ)

190517深山八重紫.JPG

深山八重紫(ミヤマヤエムラサキ)

上生菓子あじさい.JPG

吹上茶屋の上生菓子「あじさい」

190517つつじ茶屋 (1).JPG

新緑が気持ちの良いつつじ茶屋周辺


和のあじさいは早咲きのものから咲きはじめています。
現在は小紫陽花がひっそりと見ごろです。七段花や深山八重紫はほんの少し色がついたのが分かる程度です。
くれないや紅手まりは花の形ができてきました。色づきはまだのようです。

池の周りを取り囲むように咲くサツキは、ぱらぱらと咲きはじめています。
例年5月の終わりころ見ごろになります。

また園内のアジサイについては、アジサイを手入れしている当園職員が解説する「アジサイ特別ガイド」を実施します。街中で見かけるアジサイとは異なる、和のあじさいの魅力を深くお伝えし、ガイド後にはアジサイの見分け方が分かると大変好評のガイドですので、ぜひお気軽にご参加ください。

アジサイ特別ガイド
5月25日(土) 13時30分~※雨天中止
(6月にも予定しています。)
参加無料(入園料別途)
正門サービスセンター前集合


吹上茶屋では「抹茶と上生菓子のセット」を提供しています。
心地よい風が吹く池を眺めながら、ぜひお召し上がりください。



ページの上部へ

2019年5月 8日

【六義園】「初夏の六義園~さつきと和のあじさいを楽しむ~」と染井門開門のお知らせ

190508コアジサイ.JPG

咲きはじめた小紫陽花(コアジサイ)

六義園180518シチダンカ.JPG

七段花(シチダンカ)(昨年5月中旬の様子)

六義園180526クレナイ.JPG

くれない(昨年5月下旬の様子)

六義園180531ハナビ (2).JPG

花火(ハナビ)(昨年5月下旬の様子)

六義園170530サツキ(玉藻磯).JPG

5月下旬ごろにはサツキが鮮やかに!


六義園には約200株のサツキと約15種1,000株のアジサイがあり、これから迎える見ごろにあわせて、「初夏の六義園~大名庭園でさつきと和のあじさいを楽しむ~」を開催いたします。
解説パネルの展示や、「あじさい六義園」(リーフレット)の配布、「職員によるあじさい特別ガイド」などを行います。
初夏の風吹く大名庭園にしっとりと彩るアジサイと、華やかなサツキをお楽しみください。

六義園のアジサイは日本古来のアジサイ(ヤマアジサイ)を中心に、江戸時代から知られている古品種を中心に見ることが出来ます。
この「和のあじさい」は西洋アジサイの手まり咲きの形とは異なり、額咲きの、繊細で優美な花が特徴的です。

現在、本格的なシーズンに先駆けて、コアジサイという小さなアジサイが咲きはじめました。
花びらのように見える咢の部分(装飾花)がなく、本来の花の部分(両性花)のみという変わった形で、一般的な紫陽花のイメージとは異なりますが、とても可憐な花です。


初夏の六義園~大名庭園でさつきと和のあじさいを楽しむ~
令和元年5月11日(土)~6月23日(日)
9時~17時(最終入園16時30分)

★あじさい特別ガイド
当園職員による和のあじさいの種類や特徴、歴史などの解説を聞きながら園内を巡ります。
日時:5月25日(土)13時30分~

★さつき・あじさいの解説パネルの展示
六義園にあるさつき・あじさいの魅力を分かりやすく紹介します。
日時:期間中毎日
展示場所:サービスセンター横、園内各所

★庭園ガイド
庭園ガイドボランティアの案内で、園内散策をお楽しみください。
日時:期間中の土日祝日
各日11時~、14時~(各回60分程度)※荒天中止
集合場所:サービスセンター前及び染井門売札横




染井門開門のお知らせ
 下記日程で駒込駅から徒歩2分の「染井門」を開門いたします。
5月10日(金)~19日(日)までの各日、
5月25日(土)、26日(日)、6月1日(土)、2日(日)

5月10日~19日は六義園から徒歩18分の旧古河庭園で「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」を開催いたします。
洋館とバラの饗宴と小川治兵衛による日本庭園のご鑑賞の際は、六義園まで足を伸ばしていただき、穏やかな大名庭園でゆったりとした時間をお過ごしください。
両園をセットでお得に巡る「園結びチケット」も好評販売中です!

ページの上部へ

2019年5月 7日

六義園茶会のお知らせ

六義園茶会 チラシ -ツイッター(定員10名).jpg

180425心泉亭.JPG

心泉亭


六義園茶会

―徳川将軍ゆかりの武家茶道―

武家茶道とは、千利休の侘び茶の流れを汲みつつ、人格形成のための修行の一環として武家の社会に調和された分相応の茶として江戸時代に徳川将軍家、武家や大名の間に広まった茶道のことです。
六義園を造成した柳澤吉保の子孫である大和郡山藩主の柳澤保光は、武家茶道の石州流の茶の湯に造詣が深かったと言われています。
石州流の流祖である片桐石州は小堀遠州に代わり、四代目将軍徳川家綱公の茶道師範となり、幕末まで徳川家の茶道は石州流でした。
五代目将軍徳川綱吉公の重鎮であった柳澤吉保の六義園で、徳川将軍ゆかりの武家茶道をお楽しみください。

開催日時:令和元年5月12日(日)
     ①10時~②11時~③12時~④13時~⑤14時~(茶席5回:各回1時間)
開催場所:六義園 心泉亭前広場(椅子に座ってお楽しみいただけます。)
     ※雨天時は心泉亭内
席  主:武家茶道 石州流伊佐派家元後嗣 磯野 宗明氏
申し込み:心泉亭にて各回の参加申込を1時間前から受付いたします。
     (先着順:各回10名程度)
対  象:中学生以上
参加費:無料(入園料別途)
問い合せ:六義園サービスセンター 電話03-3941-2222

ページの上部へ

2019年4月26日

【六義園】ツツジの見ごろは続いています

190426ヤエヤマツツジトンネル.JPG

ヤエヤマツツジのトンネルー尋芳径(4月26日現在)

190426白琉球.JPG

白琉球ー吹上茶屋近く(4月26日現在)

190426つつじ茶屋.JPG

つつじ茶屋ー柱や梁がツツジの枝幹で作られた茅葺の茶屋(4月26日現在)

190426藤代峠 (2).JPG

藤代峠の斜面に広がるツツジ(4月26日現在)

190426藤代峠.JPG

藤代峠の頂上から(4月26日現在)

六義園のツツジは見ごろが続いています。

藤代峠の斜面には見ごろのツツジが広がっています。
江戸キリシマ系やリュウキュウ系も見ごろとなっています。
大きな池をめぐりながら各所でツツジをお楽しみいただけます。

現在「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」を開催中。
江戸時代、植木屋が多く立ち並び、園芸文化が盛んであったこの周辺の地域で流行した古品種のツツジを中心に、多くの古木が園内にあり、色鮮やかな花々を咲かせます。大名庭園を華やかに彩るツツジをどうぞご覧ください。

春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~
平成31年4月13日(土)~5月6日(月・振休)
9時~17時(最終入園16時30分)

★ツツジの特別ガイド「ツツジと江戸のガーデニング」
ツツジや庭園の歴史、江戸園芸等の解説を聞きながら園内を巡ります。
日  時:4月27日(土) 10時30分~、13時15分~(各回約60分)
     ※雨天中止
集合場所:しだれ桜前広場
講  師:青木宏一郎氏
     (ランドスケープ・ガーディナー、和のガーデニング学会会長)
費  用:無料(入園料別途)
参加方法:当日自由参加

★ツツジの解説パネルの展示
六義園にある古品種のツツジ等、江戸の園芸品種として代表的なツツジの魅力を分かりやすく紹介します。
日  時:期間中毎日
展示場所:サービスセンター横、園内各所

★庭園ガイド
庭園ガイドボランティアの案内で、園内散策をお楽しみください。
日  時:期間中の土日及びゴールデンウィーク期間中(4月27日~5月6日)
     各日11時~、14時~(各回60分程度)※荒天中止
集合場所:サービスセンター前及び染井門売札横

※ゴールデンウィーク期間中(4月27日~5月6日)は開園時間を1時間延長し、
18時まで開園いたします(最終入園17時30分)。また4月中の土日、ゴールデンウィーク期間中は駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。

ページの上部へ

庭園へ行こう。  > 六義園  > お知らせ