ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > 自然を知る > 多摩丘陵で出会える植物たち

多摩丘陵で出会える植物たち

多摩丘陵のいたるところで、たくさんの植物を見ることができます。
足もとや頭の上をよく見たら、素敵な発見があるかもしれません。

夏の野草

白い花

アカショウマ

ユキノシタ科の多年草で、枝分かれした花穂にたくさん付いた小さな白い花を咲かせます。名前に同じ「ショウマ」がつくサラシナショウマと姿が似ていますが、サラシナショウマはキンポウゲ科の多年草なので近縁関係にはありません。

イチヤクソウ

ツツジ科の多年草で、6月から7月頃に葉の間から長い花茎を伸ばし、3~10個の花を咲かせます。和名の由来は、花が咲いているものを乾燥させて薬として利用されていたためとされています。

イヌトウバナ

シソ科の多年草で、山地の林内や道端などに自生います。茎の下部は地面近くを這っていて、上部は直立するか斜めに伸び上ります。花穂は茎の先端だけでなく、途中から分かれた枝先にも付きます。

ウバユリ

ユリ科の多年草で、白くやや細長い筒状の花が特徴です。雑木林に生え、花期は短く、7月上旬~7月末頃までです。

オオバノトンボソウ

雑木林に自生するランの仲間で、はねを広げたトンボのような形の花が7月前半頃に咲きます。

オカトラノオ

サクラソウ科の多年草で、日当たりの良い草原に自生しています。白い小さな花を花穂の下の方から順番に咲かせますが、花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がっているのでこの名前がつけられました。

オトコエシ

オミナエシ科の多年草で、山野の日当たりの良い草地や林縁などに自生しています。和名は、オミナエシに似ていて茎が太く体も大きくて男性的なので、男郎花・オトコエシと呼ばれたという説が一般的です。

オモダカ

オモダカ科の多年草で、水田や湿地、ため池などに自生しています。夏に白い3弁花を咲かせます。水田に繁茂する様子が生命力の強さを連想させるため武士に好まれ、家紋等に使われました。小山田緑地ゆかりの武家「小山田氏」の家紋にも、オモダカが描かれています。

ギンリョウソウ

シャクジョウソウ科の多年草で、葉緑素がなく、共生している菌類から栄養をもらって生きている、腐生植物です。落ち葉の多い林の下で時たま見られ、花期は5月後半~6月初めです。

コボタンヅル

センニンソウに近い仲間のつる植物です。葉は二回三出複葉で、切れ込みがあります。花期は8月下旬から9月上旬頃です。

サガミラン

ラン科の多年草で、葉緑素を持たないため光合成はせずに、根に菌類を共生させ、この菌類を介して養分を得る腐生植物です。緑色を帯びた白色の花を咲かせます。

セリ

セリ科の多年草で、田んぼや湿地に生え、夏に白い花が咲きます。葉は香りがよく、食用にされますが園内での採取はご遠慮くださるようお願いします。

タカサゴユリ

ユリ科の球根性多年草で、台湾原産のユリです。日本には1920年代に観賞用として導入され、その後野生化して、日当たりの良い法面や道路脇、空き地などに侵入して急速に繁殖しています。

タケニグサ

ケシ科の多年草で、明るい草地や土手などで見られる背の高い草です。6月末から7月に白い花が咲きます。花は下から順に咲き、全部が同時に咲くことはありません。

タシロラン

ラン科の多年草で、山野の樹林内の暗い林床に生育しています。葉緑素は持たないので光合成は行わず、根に菌類を共生させ、この菌類を介して養分を得る腐生植物です。白地に薄茶色の斑点のある花を咲かせます。

ドクダミ

ドクダミ科の多年草で、半日陰の道端などに生育し、全体に強い臭気があります。和名は、生薬にも利用されることもあり、「毒矯み」(毒を抑えること)から来ています。

ヌマトラノオ

サクラソウ科の多年草で、沼沢地(しょうたくち)やため池の岸などの水辺に生育しています。和名の由来は、オカトラノオに比較してつけられましたが、花穂はオカトラノオのように頭を垂れず、まっすぐ上を向きます。

ヒメジョオン

北アメリカ原産のキク科の一年草で、ヨーロッパや、日本を含めたアジアに広く帰化、分布しています。ハルジオンとは花や姿が良く似ていますが、ハルジオンの蕾は下を向いてうなだれているのに対して、ヒメジョオン花は上を向いていることなどで見分けることができます。

ヒヨドリバナ

キク科の多年草で、明るい雑木林や土手などで見られます。花期は6月末~9月頃まで長く続きま、花には様々なチョウの仲間が訪れます。花はフジバカマによく似ていますが、フジバカマの葉は3裂するのに対して、本種は裂けないので区別できます。

ヘクソカズラ

アカネ科の多年草で、花期は8月から9月です。葉や茎をもむと悪臭がすることから、この名が付けられました。

マツカゼソウ

ミカン科の多年草で、やや暗い林床によく生育し、8月から10月中頃に白い花が咲きます。

マヤラン

ラン科の植物で、常緑広葉樹林や古い二次林に生育する腐生植物で、日本の野生のランの一つす。主に地下茎の中にいる菌類から栄養をもらって生育しますが、菌類は特定の樹木の根としか共生できないため、開発などでその数を減らしています。

ミズオオバコ

トチカガミ科の一年草で、湖沼やため池、水田などに自生していて、沈水状態で生育します。かつては水田の主要な雑草でしたが、水田の環境変化などによって生息数は激減しています。

ミズタマソウ

アカバナ科の多年草で、白い花が終わると丸い実がなり、それを水玉に見立ててこの名があります。湿った林の下や湿地に生え、花期は8~9月頃です。

ミゾカクシ

キキョウ科の多年草で、水田や湿った草地で見られます。和名は溝を隠すほど生い茂ることから付けられ、また、水田の畦にむしろを敷いたように茂る様子から、アゼムシロという別名もあります。

ヤブマオ

イラクサ科の多年草で、茎の植物繊維から糸を紡いで布を織ることで知られるカラムシの別名のマオに藪を付けて、この名前になりましたが、かつてはカラムシと同じように糸を紡いで布を織っていました。

ヤブミョウガ

ツユクサ科の多年草で、5月ごろ発芽して、夏にかけて1m前後に成長して、ミョウガに似た長楕円形の葉を茂らせます。なお、ミョウガはショウガ科の植物で、本種とは近縁関係ではありません。

ヤブムグラ

低地の丘陵などの林床に自生する、アカネ科の多年草です。関東平野南部にのみじせいするとされている植物で、環境省の最新版レッドデータブックでVU(絶滅危惧Ⅱ類)に指定されています。

ヤブレガサ

早春に破れた番傘に似た若葉が芽生えるのが印象的なキク科のヤブレガサは、梅雨時に白い花を咲かせます。花が咲く頃には、葉は大きく立派になっています。

ヤマノイモ

自然薯(じねんじょ)とも呼ばれるヤマノイモ科の多年草で、真っ白い球のような花はほとんど開きません。地下には1本の芋があり、1mを超えることもあります。

ヤマホトトギス

ユリ科の多年草で、山地や丘陵地の林床や林縁、草原などに自生していて、上下2段になったような変わった形の花が咲きます。花びらに鳥のホトトギスに似た白地に赤紫色の小さな点があるのが特徴です。

ヤマユリ

明るい雑木林や土手に自生しているユリ科の球根性多年草で、7月中~下旬頃に甘い香りのする大きな白い花を咲かせます。1873年のウィーン万博で、他のユリと共に紹介されて、ヨーロッパで注目を浴びました。

ユウガギク

林縁や道ばたに普通に生えるキク科の多年草です。いわゆる野菊に含まれ、白色~淡紫色の花を6月~11月という長い期間咲かせます。よく分枝し水平に枝を広げ、花を多数つけるので、一面花畑のようになります。

ユキノシタ

ユキノシタ科の多年草で、湿った半日陰地の岩場などに自生していますが、葉や花が美しいので、庭の日陰になったところなどに植えられることもあります。

ヨウシュヤマゴボウ

北アメリカ原産のヤマゴボウ科の多年草、高さは2m前後に達する大きな植物です。草全体に毒があり食べられません。秋に紫色の実がなります。花期は6月末から8月頃まで断続的に続きます。

赤・ピンク色の花

イヌゴマ

シソ科の多年草で、湿地やため池畔、用水路脇などの水辺に自生しています。夏に、垂直に上に伸びた茎の先に花穂を出して、ピンク色の唇形の花を咲かせます。

コバノカモメヅル

ガガイモ科のつる性多年草で、星型で小豆色に似たやや暗い赤が特徴の花が咲きます。花期は通常8月後半から9月前半で、花が終わると、ガガイモ科特有の袋果・実をつけて、秋にこの袋果が割れて種髪・毛束を付けた種子が飛び出します。

チダケサシ

ユキノシタ科の多年草で、花期は7月中頃までです。チダケまたはチチダケというキノコを採って、この茎に刺して持ち帰ったということからこの名がつけられました。

ナガバハエドクソウ

ハエドクソウ科の多年草で、6月中旬から8月にかけて雑木林でたくさん見られます。昔はこの植物の根を煎じたり煮詰めたりした汁でハエとり紙を作っていました。

ニガクサ

シソ科の多年草で、山地や丘陵地の林床や林縁などのやや湿ったところに自生しています。7月~9月に茎の先端に淡紅色の花を咲かせる花穂を付けます。

ヌスビトハギ

マメ科の多年草で、暗めの林内や林縁に多いです。衣服などにつく「ひっつき虫」として有名な本種は花後、この小さな花の根元がぐんぐん生長してサングラスのような形の果実になります。

ネジバナ

ラン科の多年草で、日当たりの良い草地などによく生え、6月~7月にピンク色の花が咲きます。花序はらせん形にねじれ、左巻きと右巻きの両方あります。

ハス

ハス科の多年性水生植物で、水底の土の中に塊茎(かいけい)を作って、そこから葉と花茎を水面に伸ばします。名前は、花の中央の実の入った花床にはたくさんの穴が空いていて蜂の巣に似ているので、蜂巣が転訛してこの名前になりました。

フジカンゾウ

マメ科の多年草で、雑木林の林床や日当たりの良い草地に自生してます。ピンク色の花が8月後半から9月前半頃に咲きます。

ホソバシュロソウ

シュロソウ科の多年草で、8月にワインレッドの特徴的な花が咲きます。和名は、葉が枯れた後に葉の付け根に残る葉鞘の繊維がシュロの毛に似ていることから名付けられました。

ママコノシリヌグイ

タデ科の一年草で、他の草に寄りかかりながらつる性の枝を伸ばし、よく分岐してしばしば藪状になります。名前は、この草の棘だらけの茎や葉で憎い継子の尻を拭くという想像から来ています。

ミズヒキ

タデ科の多年草で、花穂(かすい)を上から見ると赤、下から見ると白なので紅白の水引に見立ててこの名があります。穂には花と実があり、実は服によくくっつきます。

ユウゲショウ

アカバナ科の多年草で、南アメリカ~北アメリカ南部原産の植物で、日本では明治時代に観賞用として移入されたものが全国的に野生化しています。和名の由来は、午後遅くに開花して女っぽい花色を持っているからとされています。

ワレモコウ

バラ科の多年草で、茎の先に穂状の花を漬けます。太く短い地下茎は生薬になり、タンニンやサポニンを多く含んでいて、天日乾燥したものは止血や火傷、湿疹の治療に用いられます。

オレンジ・黄色の花

オオキツネノカミソリ

ヒガンバナ科の多年草で、山地や丘陵地の林縁や道沿いなどで見られ、7~8月に茎の先にオレンジ色の花を付けます。キツネノカミソリよりも花期が早く、花が大きくて、雄しべが長く花の外に付き出す点が異なっています。

オトギリソウ

オトギリソウ科の多年草で、明るい草地や土手などで見られます。黄色い花が主に晴れた日の朝から昼過ぎにかけて咲きます。花期は7~8月頃です。

オミナエシ

オミナエシ科の多年草で、日当たりの良い草地に自生しています。秋の七草のひとつで、名前の「オミナ」は「美しい女性」という意味です。

ガンクビソウ

黄色い花が鮮やかなキク科の多年草で、雑木林沿いの園路脇に自生しています。花をキセルの雁首に見立ててこの名がつきました。花期は8月中旬から9月頃です。

キツネノカミソリ

ヒガンバナ科の球根性多年草で、明るい林床や林縁などに自生しています。葉がカミソリの刃のように細いことからこの和名があります。葉は春に見られ、花の時期にはありません。花期は8月頃です。

キンミズヒキ

バラ科の多年草で、8月から9月初め頃に黄色い花穂を咲かせます。よく似たヒメキンミズヒキよりおしべが多く、花弁の幅が広いのが特徴です。

サジガンクビソウ

キク科の多年草で、茎の先にキセルのような形の花を咲かせます。花期は8月から9月頃です。

ダイコンソウ

バラ科の多年草で、7月下旬から9月初め頃に黄色い花が咲かせます。咲き終わった花の痕にはイガグリのような実ができます。

タカトウダイ

トウダイグサ科の多年草で、6月~8月頃に黄色い花を咲かせます。秋になると紅葉する、秋の湿原の草紅葉のひとつです。

トキリマメ

マメ科のつる性多年草で、秋には赤い豆のさやの中に黒い種が熟します。7月下旬から9月初め頃に黄色い花が咲きます。

トモエソウ

オトギリソウ科の多年草で、巴形にねじれた大きな黄色い花を咲かせます。和名は巴のように螺旋状に巻く花からつけられました。

ノカンゾウ

ユリ科の多年草で、雑木林の縁などに生育しています。7月~8月にユリに似たオレンジ色の花を咲かせます。

ハンゴンソウ

キク科の多年草で。草丈1~2mくらいになります。7月~9月頃に茎の上部に咲かせる黄色い花が印象的です。

ヒメヒオウギズイセン

アヤメ科の多年草で、ヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの交配種で、日本には明治中期に渡来しました。どのような環境にも耐え、繁殖力も旺盛なので、全世界で野生化しています。

ブタナ

ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、現在は世界中に帰化しています。日本には昭和初期に渡来したとされていて、道路脇や空地、牧場、草原、畑の周辺などに群生しているのが見られます。

ミヤコグサ

マメ科の多年草で、道端から海岸沿いまでの背の低い草原で、よく陽の当たるところに多く生えており、また田畑の周辺にも見られる野草として親しまれています。

ヤブカンゾウ

ススキノキ科の多年草で、湿り気のある明るい林のへりや草地などで7月上~中旬に見られます。ノカンゾウなど類似種は多いですが、八重咲きになるのが特徴です。

ヤブタビラコ

キク科の越年草で、春の七草のひとつの「ほとけのざ」として知られる同属のコオニタビラコとよく似ていますが、コオニタビラコは舌状花が6~12個と少ないのに対して、ヤブタビラコの舌状花は15~20個とたくさんあります。

ヤブツルアズキ

マメ科の一年草で、小豆の祖先と言われていて、明るい土手などに生育しています。花が終わると細い豆ざやができます。

青・紫色の花

アキノタムラソウ

シソ科の多年草で、林縁や明るい草原、道端などに見られ、7~11月に細長い花穂を伸ばして薄紫色の花を付けます。「アキノ」と名付けられていますが、実際には夏~秋の長い期間花を咲かせます。

アメリカオニアザミ

キク科の越年草で、原産地はヨーロッパです。茎や葉には堅く鋭い棘があります。繁殖力がとても強く、在来植物の生育場所を占領してしまう可能性があるため、要注意外来生物に指定されています。

ウツボグサ

シソ科の多年草で、日当たりの良い草地に群生していて、6月~8月に3~8㎝の花穂に紫色の唇形の花を密集して咲かせます。花が終わる頃採取し、天日干しした物を「夏枯草(かごそう)」という生薬として利用しています。

オオバギボウシ

キジカクシ科の多年草で、6月下旬から7月頃に白または淡いピンク色のラッパ状の花が咲き、大きな葉も目立ちます。花にはクマバチやキアゲハなどが飛来します。

カワラナデシコ

ナデシコ科の多年草で、主に日当たりの良い草原や河原などに生育していますが、道端や山地の斜面、海岸の砂浜などにも自生しています。秋の七草のひとつに挙げられていますが、花期は6月~8月で、秋というよりは夏の花といえます。

キツネノマゴ

キツネノマゴ科の一年草で、草丈の低い草原の中などで、上向きに伸びた花穂に2~3個ずつ小さなピンク色の花を咲かせます。花期は8月から10月頃までです。

ツユクサ

ツユクサ科の一年草で、畑の隅や道端などで見かけることの多い植物です。「露草」と名づけられたのには、朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させるからだという説があります。

ツリガネニンジン

キキョウ科の多年草で、釣り鐘状の薄紫色の花を8月後半から9月頃に咲かせます。山地の草原や林縁などに自生しており、排水が良くて、日当たりの良い場所を好みます。

ツルニガクサ

シソ科の多年草で、木陰に群生しているのがよく見られる。7月から9月頃まで淡紅色の唇形花を咲かせます。

ツルボ

キジカクシ科の多年草で、草丈の低い土手などに生え、群生する性質があります。花期は8月末から10月初め頃です。葉は春に出て初夏に枯れて、花期に新たに普通2枚ずつ出ます。

ナワシロイチゴ

明るい草地や林に自生する木イチゴの仲間で、花期は5月から6月頃です。夏に赤いイチゴの実がなります。茎はつる状で木質化しており、とげがあります。

ナンバンギセル

ハマウツボ科の一年草で、イネ、ススキなどのイネ科の植物の根に寄生する寄生植物です。8月~10月に赤紫色の花を咲かせます。その花の姿がちょうど喫煙具のパイプを立てたような形をしているので、この名がつけられました。

ニワゼキショウ

北アメリカ原産のアヤメ科の多年草で、日本には明治時代に渡来しました。芝生や草地などに群生していて、5月~6月に白やピンク色の花を咲かせます。

ノアザミ

キク科の多年草で、5月~8月に花を咲かせます。、他の多くのアザミの仲間が夏以降に開花するのに対して、春から開花する日本のアザミです。

ノハナショウブ

アヤメ科の多年草で、園芸種であるハナショウブの原種です。6月~7月頃に花が咲き、花びらの基部に黄色いすじが入るのが特徴です。

ホタルブクロ

キキョウ科の多年草で、ゲンジボタルが見られる時期に袋状の花が咲くことからこの名があります。5月下旬から7月頃まで花期が続きます。よく似たヤマホタルブクロは副がく片が反り返りません。

ミソハギ

ミソハギ科の多年草で、湿地や田の畦などに生えていますが、盆花としてよく使われるので栽培もされ、ボンバナ、ショウリョウバナの別名もあります。

ムラサキウマゴヤシ

中央アジア原産のマメ科の多年草で、牧草として使われるほか、スプラウトの状態で食用にも使われます。日本には明治時代に牧草として導入されましたが、定着せずに一部が野生化しています。

ヤブラン

キジカクシ科の多年草で、薄紫色の花が8月から10月初めに咲きます。山野の薄暗い藪の中などに群生しますが、丈夫で日陰でも良く育つので、庭園の下草として広く利用されています。

ヤマホタルブクロ

キキョウ科の多年草で、明るい雑木林や草地に自生し、袋状の花が6月から7月にかけて見られます。よく似たホタルブクロと違ってがく片の間に反り返る付属物がありません。

緑色の花

オニドコロ

ヤマノイモ科の、雌雄異株のつる植物です。ヤマノイモに似ていますが根茎は食べられません。林や土手などでよく見られます。

カラスビシャク

サトイモ科の多年草で、へびの首のような花が初夏から夏に咲きます。マムシグサなどよりも細身で、割合明るい草地に生えています。

茶色の花

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ科のつる性多年草で、日当たりの良いところ、特に程よく草刈がされている里山や河川敷に多く自生しています。チョウの仲間であるジャコウアゲハの幼虫の食草の一つです。

実と種

ミコシガヤ

川岸や田の畔など、湿った草地に生育するカヤツリグサ科の多年草。こんぺいとうのような小穂(しょうすい)が茎の先にギュッと密集してつきます。

葉っぱ

カンガレイ

カヤツリグサ科の多年草で、湿地や池など、水辺に自生しています。同じく水辺に自生するサンカクイとよく似ていますが、花の基部に柄があるサンカクイとは異なり、柄がなく葉から直接咲いているように見えるのが特徴です。

ヒメドコロ

ヤマノイモ科のつる性の多年草で、そっくりな植物にヤマノイモ、オニドコロなどがあります。ヤマノイモとは葉が対生でないことで、オニドコロとは雄花序が垂れ下がっていることで見分けることができます。

ページトップへ戻る