ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > 自然を知る > 多摩丘陵で出会える動物たち

多摩丘陵で出会える動物たち

多摩丘陵のいたるところで、たくさんの動物を見ることができます。
足もとや頭の上をよく見たら、素敵な発見があるかもしれません。

けもの

アズマモグラのモグラ塚

主に本州の東側に生息するモグラの仲間です。農耕地や芝生地に写真のように土を盛り上げ、モグラ塚を作ります。地中に網目のようなトンネルを作り、その中に落ちてくるミミズや昆虫などを食べます。

タヌキ

雑木林だけでなく、都市部の緑の多い場所などにも生息している、身近な哺乳類の一種です。主に夜間に活動し、雑食性で何でも食べます。

ノウサギ

低山から山地の草原や森林に生息する、日本固有種のウサギです。開発による生息地の減少などにより、近年生息数が減少してきています。

ノウサギの足跡

雪が降ると足跡が目立ちます。足跡は大きな後ろ足が横並びで前方に、小さな前足がたて並びで後方につきます。この写真では右下から左上に通過したと考えられます。

ページトップへ戻る