ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です
写真:第7回 東京都公園協会 都立公園・庭園フォトコンテスト

応募作品募集

数多くの魅力ある公園や庭園がある東京。それぞれが、日々都会のオアシスとして人々に癒しを与えています。ふだん気づかれることのない「公園・庭園」のいろんな姿をあなたの写真で伝えませんか。「公園・庭園の魅力を再確認し、もっと多くの人に知ってもらいたい。」その思いで生まれたのが、このフォトコンテストです。

第7回目となる今回は、都立庭園9庭園を対象とした庭園賞を設けています。もちろん、その他の公園もグランプリや特選の対象となります。
また、東京都公園協会公式アプリ「TOKYO PARKS PLAY(東京パークスプレイ)」からの応募作品を対象にアプリ賞を設けています。アプリでは、スマホ写真を簡単に応募できるほか、入賞のポイントも紹介しています。
都立公園・庭園であなたが見た風景をお寄せください。プリント応募のほか、ウェブ応募も可能です。
多くの方のご応募をお待ちしております。

応募テーマ
「都立公園・庭園」にまつわる4つのテーマ。公園にいる人物や動物、自然など、撮った写真を一眼レフからスマホまで、子どもから大人まで、誰でも応募できます。

①私のお気に入り公園 行きつけの公園の絵になる風景
②四季と水辺、イベント 季節のとっておき写真や催し物のスナップ
③あの公園で、こんな発見 誰かに教えたい! 私だけの場所・私だけの発見
④見つけた!こんな生きもの・あんな樹 公園・庭園に生きる、昆虫や生きもの・植物

対象の都立公園・庭園一覧はこちら
募集期間
2019年11月1日(金)~2020年2月29日(土)
(プリント応募は当日消印有効)
審査委員
板見浩史
フォトエディター。公益社団法人日本写真協会(PSJ)会員。NPO法人フォトカルチャー倶楽部理事

平嶋彰彦
写真家、編集者。元毎日新聞社出版倶楽部長。共著に『昭和二十年東京地図』(筑摩書房)、編者に『宮本常一写真・日記集成』など

上記審査員および東京都公園協会職員、各都立公園サービスセンター長(公園賞)
各賞
・グランプリ(1作品):賞金5万円(商品券)、その他副賞
・特選賞  (5作品):賞金5千円(商品券)、その他副賞
・庭園賞  (9作品):賞品5千円相当の写真グッズ、その他副賞
・アプリ賞 (1作品):アウトドア用スマートウォッチ
・入 選※    :東京都公園協会オリジナルグッズ

※入選については多数ご用意する予定です。
庭園賞対象の庭園

※応募に関する問合せは下記のフォトコンテストに関する問合せ先までお願いします。
発表
①入賞者には直接郵送又はメールにてお知らせします。
②コンテストの結果は当ホームページ(2020年3月を予定)及び雑誌『フォトコンライフ』双葉社、
 雑誌『フォトライフ四季』NPO法人フォトカルチャー倶楽部にて発表を予定しています。
③入賞作品は原版(画像データ、ネガ、ポジなど)を提出していただきます。デジタルデータは
 返却しませんので、コピーをCD-Rなどに保存してご提出ください。ネガ、ポジについては返却いたします。
④提出期限までに原版の提出がない場合は、入賞を取り消す場合がありますので、あらかじめご了承ください。
⑤審査などの都合によりスケジュールは変更させていただく場合がございます。
コンテストの詳細・募集要項
【コンテストの詳細・プリント応募はこちら
【WEB応募はこちら】※コンテストの詳細を必ずご確認の上ご応募ください。
フォトコンテストに関するお問い合わせ
公園フォトコンテスト事務局(一般社団法人 日本フォトコンテスト協会内)
☎:03-3230-2610 (平日10:00-18:00)
主催
公益財団法人 東京都公園協会
主管
一般社団法人 日本フォトコンテスト協会
後援
NPO法人 フォトカルチャー倶楽部、カメラのキタムラ
協賛
富士フィルムイメージングシステムズ、キヤノンマーケティングジャパン、ニコンイメージングジャパン、 日本野鳥の会、リコーイメージング、クラブツーリズム、ケンコー・トキナー、シグマ、 ハクバ写真産業、タムロン、トーリ・ハン、フレームマン、ヴァイテックイメージング、ビクセン(順不同)
協力
カシオ計算機株式会社
過去の入賞作品
【第6回入賞作品はこちら
【第5回入賞作品はこちら
【第4回入賞作品はこちら
【第3回入賞作品はこちら
【第2回入賞作品はこちら
【第1回入賞作品はこちら

ページの先頭へ戻る