ページ内移動用のメニューです。


染井霊園

都立霊園の中で最も規模が小さく、桜の古木が点在する中に、歴史を感じさせる墓地があります。著名な芸術家や文学者の墓地があります。霊園の西側には本妙寺や慈眼寺などの寺があり、広大な岩崎家の墓所に隣接していることから静寂な地となっています。開設は明治7年で、面積は約7ヘクタール。
 
●草木
 
ソメイヨシノはお花見のサクラとして有名ですが、「染井」とは、江戸時代のこのあたりのことです。当時の染井村には植木屋が多く、幕末に品種改良の上「吉野桜」と称して売り出されたものがソメイヨシノとして広まったといわれています。管理所周辺の園路沿いや長池堤に植えられています。
基本情報
開園年月日 明治7年9月1日
開園面積 67,911㎡
お問い合わせ

【都立霊園相談テレフォン】

8:30~17:15 年末年始除く

〇使用許可証の再交付・承継

全都立霊園または新宿本社でお受けできます

〇埋葬・改葬・墓所工事など

使用しているお墓のご相談はお使いの霊園
※年末年始除く

〇新規募集は下記の番号に

0570-783-802
(自動アナウンスのみは無料)

【窓口申請のWEB予約】

窓口の予約はこちらから