東京湾の海水を引く潮入の池

浜離宮恩賜庭園

はまりきゅうおんしていえん
  • hama-top-nanohana
  • hama-top-teien
  • hama-top-kibanakosumosu
  • hama-top-kosumosu
  • hama-top-teienkoyo

基本情報

所在地
中央区浜離宮庭園1-1

開園時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)
※イベント開催期間など時間延長が行われる場合もあります。


休園日
年末・年始
(12月29日~翌年1月1日まで)
   
入園料
一般    300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※小学生以下のお子様は保護者のお付添が必要です。

【20名様以上の団体】
一般    240円
65歳以上 120円
 
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【旅行会社や自治体等でご来園の一般団体】
事前予約は不要です。
ご来園の際、代表の方が窓口にお客様の内訳(一般・65歳以上・中学生・子ども・障害者等それぞれの人数)をお伝えください。入園料をお支払いいただいた後、団体入口よりご入園ください。
また、大手門桝形にある大型及び中型観光バス専用の駐車スペースはお客様が園内滞在中のみご利用いただけます。ご予約は承っておりません。
なお、3台以上の観光バスまたは50名以上でご来園予定の場合、事前にお電話(03-3541-0200)でご連絡いただけますと大変助かります。また、ご不明な点はお電話でお問い合わせください。

【小中学校等の団体】
事前の申請により引率の先生方の入園料が免除となります。
入園料免除申請書に必要事項をご記入の上、ご来園の1週間前までにサービスセンターにご提出ください。
ご来園の際の注意事項等はこちらをご覧下さい。

【年間パスポート】
発行日から1年間ご利用いただけるお得なパスポート
一般   1,200円
65歳以上 600円 

【9庭園共通年間パスポート】 発行日から1年間ご利用いただけるお得なパスポート
一般    4,000円
65歳以上 2,000円

【園結びチケット】
浜離宮恩賜庭園と旧芝離宮恩賜庭園(当園から徒歩約15分)の両方へご入園される方にお得なチケット(有効期限はありません)。
一般   400円
65歳以上 200円

【ご利用いただける決済サービス】
電子マネー決済 交通系電子マネー, QuicPay, iD, 楽天Edy
クレジット決済 JCB, VISA, MASTER, 銀聯, AMERICAN EXPRESS, Diners Club, DISCOVER Card
QRコード決済 PayPay, LINE Pay, Alipay, WeChatPay

【オンライン入園券】
※購入当日限り有効

外部サイトにリンクします

○ボランティアによる庭園ガイドのご案内
・庭園ガイド(無料)
土曜日/日曜日/祝日:11時~・14時~

・御茶屋ガイドツアー
木曜日:11時~・12時~・13時~・14時~(1回約40分)
※中学生以上先着25
※ご参加の際、建物内は靴下の着用をお願いしております。

・英語による庭園ガイド(外国の方が対象・無料)
土曜日/月曜日:11時~

・特別ガイド(要申し込み、予約制)
小グループ、団体向けにガイドを行っています。
詳細はサービスセンター(03-3541-0200)にお問い合わせください。

※8月のガイドは休止となります。
※庭園ガイド全般については、気象状況等によりやむなく実施を中止する場合があります。 当日の実施については、当ホームページまたはX(旧Twitter)をご覧になるか、浜離宮恩賜庭園サービスセンター(TEL: 03-3541-0200)に直接お問い合わせください。

浜離宮恩賜庭園X(旧Twitter)はこちら
https://twitter.com/hamarikyugarden

園内で使用できるガイドアプリ「Tokyo Parks Navi」(東京パークスナビ)ダウンロードはこちら
https://pre.tokyo-park.or.jp/special/tokyoparksnavi/index.html

交通案内

<大手門口>
都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分
 
<中の御門口>
都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10出口 徒歩5分
JR「浜松町」下車 徒歩15分
◆駅から地上ルートで行く方法(ベビーカー・車イスの方におすすめ)
◆駅から地下ルートで行く方法(雨天時・地下鉄利用時におすすめ)

<水上バス>
東京都観光汽船(浅草)
「浜離宮」水上バス発着場 下船


駐車場
※大手門橋を渡った所に多少の駐車スペースがあります。下記の車両以外ご利用できませんのでご了承ください。
 1.車椅子・障害者の方のお車(障害者の方は身体障害者手帳をご提示ください。)
 2.観光バス
その他の車両は最寄の公共駐車場をご利用ください。(高速道路の下、海岸通の地下に汐留駐車場があります。)

汐留駐車場(首都高速道路株式会社)

お問い合わせ先

浜離宮恩賜庭園サービスセンター
〒104-0046 東京都中央区浜離宮庭園1-1
03-3541-0200(9:00~17:00)

【園内での写真等撮影】
※撮影の場合、営利非営利関係なく事前申請が必要です。撮影ご希望の方は必ず電話にてお問い合わせください。
(申請には審査がございます。また、繁忙期及びイベント時期はお断りする場合がございます。ご了承ください。)

おすすめ情報

公園について

庭園風景

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。
この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。

庭園風景

明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となりました。その後、関東大震災や戦災によって、御茶屋など貴重な建造物が焼失したり樹木が損傷し、往時の面影はなくなりましたが、昭和20年(1945年)11月3日、東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年(1946年)4月有料公開されるに至りました。なお、国の文化財保護法に 基づき、昭和23年(1948年)12月には国の名勝及び史跡に、同27年(1952年)11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。

公園情報

  • 開園年月日

    昭和21年(1946年)4月1日

  • 開園面積

    250,215.72平方メートル(平成30年4月1日現在)

  • 主な植物

    クロマツ、タブノキ、トウカエデ、サトザクラ、サルスベリ、モミジ、ケヤキ、エノキ、ハゼノキ、ウメ、ツバキ、ハナショウブ、アジサイ、サツキ

  • 施設

    集会場(芳梅亭)

    車いす通行可ルートはこちら

ご利用にあたっての注意

見どころ

花の見ごろ情報

施設について

園内マップ

浜離宮恩賜庭園マップ

▼詳細なマップは、下記ファイルをダウンロードしてください。

園内マップダウンロード

アクセスマップ

アクセス

所在地

東京都中央区浜離宮庭園

開園時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)

休園日
年末・年始
(12月29日~翌年1月1日まで)
※イベント開催期間及びゴールデンウィークなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。
※文化財は後世に残すべき貴重な財産であり、これを守るために定期的な保存修理工事を要します。ご理解とご協力をお願いいたします。
※浜離宮恩賜庭園は、文化財保護法(第2条)により芸術又は観賞上価値の高い日本庭園として、特別名勝及び特別史跡に指定されており、将来の文化向上発展の基礎をなすものであるため、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもって多くの方々に静かに観賞していただいている施設ですので、ペット連れの入園はお断りしております。
   
入園料
一般    300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※小学生以下のお子様は保護者のお付添が必要です。

【20名様以上の団体】
一般    240円
65歳以上 120円
 
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【旅行会社や自治体等でご来園の一般団体】
事前予約は不要です。
ご来園の際、代表の方が窓口にお客様の内訳(一般・65歳以上・中学生・子ども・障害者等それぞれの人数)をお伝えください。入園料をお支払いいただいた後、団体入口よりご入園ください。
また、大手門桝形にある大型及び中型観光バス専用の駐車スペースはお客様が園内滞在中のみご利用いただけます。ご予約は承っておりません。
なお、3台以上の観光バスまたは50名以上でご来園予定の場合、事前にお電話(03-3541-0200)でご連絡いただけますと大変助かります。また、ご不明な点はお電話でお問い合わせください。

【小中学校等の団体】
事前の申請により引率の先生方の入園料が免除となります。
入園料免除申請書に必要事項をご記入の上、ご来園の1週間前までにサービスセンターにご提出ください。
ご来園の際の注意事項等はこちらをご覧下さい。

【年間パスポート】
発行日から1年間ご利用いただけるお得なパスポート
一般   1,200円
65歳以上 600円 

【9庭園共通年間パスポート】 発行日から1年間ご利用いただけるお得なパスポート
一般    4,000円
65歳以上 2,000円

【園結びチケット】
浜離宮恩賜庭園と旧芝離宮恩賜庭園(当園から徒歩約15分)の両方へご入園される方にお得なチケット(有効期限はありません)。
一般   400円
65歳以上 200円

【ご利用いただける決済サービス】
電子マネー決済 交通系電子マネー, iD, 楽天Edy
クレジット決済 VISA, MASTER, 銀聯
QRコード決済 PayPay, LINE Pay, Alipay, WeChatPay

【オンライン入園券】
※購入当日限り有効
オンラインチケットの購入はこちら(外部リンク)
外部サイトにリンクします

○ボランティアによる庭園ガイドのご案内
・庭園ガイド(無料)
土曜日/日曜日/祝日:11時~・14時~

・御茶屋ガイドツアー
木曜日:11時~・12時~・13時~・14時~(1回約40分)
※中学生以上先着25
※ご参加の際、建物内は靴下の着用をお願いしております。

・英語による庭園ガイド(外国の方が対象・無料)
土曜日/月曜日:11時~

・特別ガイド(要申し込み、予約制)
小グループ、団体向けにガイドを行っています。
詳細はサービスセンター(03-3541-0200)にお問い合わせください。

※マスクの着用は任意としております。
※8月のガイドは休止となります。
※庭園ガイド全般については、気象状況等によりやむなく実施を中止する場合があります。 当日の実施については、当ホームページまたはTwitterをご覧になるか、浜離宮恩賜庭園サービスセンター(TEL: 03-3541-0200)に直接お問い合わせください。

浜離宮恩賜庭園Twitterはこちら
https://twitter.com/hamarikyugarden

園内で使用できるガイドアプリ「Tokyo Parks Navi」(東京パークスナビ)ダウンロードはこちら
https://www.tokyo-park.or.jp/special/tokyoparksnavi/index.html

交通案内

<大手門口>
都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分
 
<中の御門口>
都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10出口 徒歩5分
JR「浜松町」下車 徒歩15分
◆駅から地上ルートで行く方法(ベビーカー・車イスの方におすすめ)
◆駅から地下ルートで行く方法(雨天時・地下鉄利用時におすすめ)

<水上バス>
東京都観光汽船(浅草)
「浜離宮」水上バス発着場 下船


駐車場
※大手門橋を渡った所に多少の駐車スペースがあります。下記の車両以外ご利用できませんのでご了承ください。
 1.車椅子・障害者の方のお車(障害者の方は身体障害者手帳をご提示ください。)
 2.観光バス
その他の車両は最寄の公共駐車場をご利用ください。(高速道路の下、海岸通の地下に汐留駐車場があります。)

汐留駐車場(首都高速道路株式会社)