見どころ

メインエントランス

メインエントランス.jpg

八丈植物公園の玄関口。石でかたどった八丈島のオブジェもあります。大型バス2台・普通車16台が止められる無料駐車場もあります。ここからビジターセンターや温室まで4分ほどです。

温室

温室.jpg

温室の中にはハイビスカスやブーゲンビリアなどの花木類、トックリヤシやタビビトノキのような観葉植物、パパイヤやマンゴーなどの果樹類などあわせて100種類以上の植物が展示されています。運がよければバナナやコーヒーノキなどの花がご覧いただけるかもしれません。

ビジターセンター

ビジターセンター.jpg

八丈島を訪れた方々に島の自然や文化を紹介し、野外で直接体験するきっかけをつくっていただくための施設です。解説員が常駐し、島内の自然や見どころについてご案内をしています。島めぐりの前に是非お立ち寄りください。光るキノコも展示しています。

遊具広場

遊具広場.jpg

ローラースライダーなどの複合遊具やブランコ、ロープウェーなどが設置されています。

砂場遊具

砂場遊具.jpg

滑り台や雲梯などのコンビネーション遊具や砂場などがあります。遊具広場よりも年齢の小さな子どもが遊べる場所でもあります。

動物舎

動物.jpg

「八丈島のキョン」として有名なキョンを飼育しています。キョンは八丈島の野生種と勘違いされていますが、この公園で飼育しているだけです。キョンは現在は特定外来種に指定されています。

ビロウ広場

ビロウ広場.jpg

公園の中央にある大きな広場です。ビロウやカナリーヤシを植栽して南国を思わせる風景になっています。八丈富士も綺麗に見えます。

徳里山展望台

徳里山展望台.jpg

スコリアが堆積してできた徳里山の上にある展望台。植物公園の中で一番高く、八丈島の南西にある八丈小島や西側の海が一望できます。秋から春にかけては夕陽も綺麗です。

さくら広場

さくら広場.jpg

植栽されたソメイヨシノやヤエザクラなどがあります。八丈島は冬が寒くないため、ソメイヨシノは内地よりも開花が遅く、花数も多くなりません。自生種のオオシマザクラは3月上旬より花が咲き始めます。

ページの先頭へ戻る