ページの先頭です

文字サイズ

背景色

奥多摩ビジターセンター

おくたまびじたーせんたー

ここから本文です

解説員ブログ

2019年03月15日

【3月15日】奥多摩町海沢カタクリ群生地で蕾が出始めました

 山では、まだ冬景色の残る奥多摩ですが、標高の低い場所で春の訪れを感じられるようになりました。奥多摩町海沢にはカタクリの群生地があり、例年3月の下旬頃から花が咲きはじめ、薄い紫色で斜面を彩ります。また、アズマイチゲも葉を出しはじめましたので、数週間後には斜面を彩ってくれることでしょう。

 これらの花はスプリング・エフェメラルと呼ばれています。スプリングは「春」、エフェメラルは「儚い、短命の」という意味を持ち、落葉広葉樹などの木々が芽吹く前に葉や花を広げ、広葉樹の葉が茂る頃には地上部の姿を消してしまう特徴があるため、"春の妖精"と言われています。これからさまざまな動植物が活動しはじめ、華やかな季節がやってきます。ぜひ、奥多摩にお越しください。

 なお、ビジターセンターでは海沢のカタクリ群生地への位置を記したマップ(海沢三滝コース)を用意しています。こちらのページからダウンロードしご活用ください。

海沢のカタクリ群生地 

海沢のカタクリ群生地 

近づいてみると葉と蕾がちらほらみられました

近づいてみると葉と蕾がちらほらみられました

アズマイチゲも葉が出はじめでした

アズマイチゲも葉が出はじめでした

昨年4月3日の様子 左がカタクリ 右がアズマイチゲ

昨年4月3日の様子 左がカタクリ 右がアズマイチゲ

ページの先頭へ戻る