ページの先頭です

文字サイズ

背景色

奥多摩ビジターセンター

おくたまびじたーせんたー

ここから本文です

自然情報

2019年03月05日

【3月5日】積雪情報

奥多摩地域の積雪状況を掲載しています。

3月に入り気温が高くなってきたため雪がとけやすくなりますが、日の当たらない北側斜面や巻き道では雪がなかなかとけません。

また、日中にとけた雪が夜に凍り、登山道がとても滑りやすくなりますので軽アイゼン(6本爪推奨)を必ずお持ちください。

登山を計画されているかたは最新の情報を入手してから入山するようにしましょう。

場所 積雪量 日時 状況など
 雲取山荘(標高約1880m) 42㎝ 《平成31年3月5日時点》  連日降雪し、登山道の凍結も見られる。
 鷹ノ巣山山頂(標高1736m) 30㎝ 《平成31年3月5日時点》  稲村岩尾根上部の吹き溜まりで40㎝~50㎝の積雪。
 水根山巻き道(標高約1610m) 20㎝ 《平成31年3月5日時点》  石尾根上の吹き溜まりで40㎝~50㎝の積雪。
 榧ノ木山山頂(標高1485m) 5㎝ 《平成31年3月5日時点》  日当たりの良い所は地面がみえる場所もある。
 倉戸山山頂(標高1169m) 0㎝ 《平成31年3月5日時点》  登山道の凍結なし。雪は日陰に点々と残る程度。
鷹ノ巣山山頂の様子

鷹ノ巣山山頂の様子

鷹ノ巣山から七ツ石山方面眺望

鷹ノ巣山から七ツ石山方面眺望

ページの先頭へ戻る