ページの先頭です

文字サイズ

背景色

奥多摩ビジターセンター

おくたまびじたーせんたー

ここから本文です

解説員ブログ

2018年10月27日

【10月27日】奥多摩町氷川でミノウスバが飛びました!

ミノウスバ(学名: Pryeria sinica) チョウ目マダラガ科マダラガ亜科に属するガの一種。

奥多摩町氷川の住宅街を歩いていると、マサキの生垣のまわりを飛ぶミノウスバを見つけました。

ミノウスバの体は黄色やオレンジ色の毛で覆われおり、モコモコしたとてもかわいいガの一種です。

彼らが姿をあらわすのは晩秋の暖かい日がさす日中で、マサキの枝先を見ていると縦横無尽に飛んでいる姿が見られます。

そんな彼らですが、姿をあらわすのはほんのわずか、11月上旬には姿を消してしまいます。

そのため、限られた時間の中でオスはメスを見つけ、子孫を残そうと必死なのです。

マサキの集まるミノウスバ

マサキの集まるミノウスバ

黄色やオレンジ色の毛でモコモコ

黄色やオレンジ色の毛でモコモコ

マサキの周りでオスとメスは出会います

マサキの周りでオスとメスは出会います

オスと出会い卵を産むメス

オスと出会い卵を産むメス

ページの先頭へ戻る