ページの先頭です

文字サイズ

背景色

奥多摩ビジターセンター

おくたまびじたーせんたー

ここから本文です

自然情報

2018年06月04日

雲取山最新情報【平成30年5月31日~6月1日】

平成30年5月31日から6月1日にかけて以下の行程で雲取山の実踏調査を行いました。

 1日目:赤指尾根→千本ツツジ→ブナ坂→雲取山巻き道→雲取山荘

 2日目:雲取山荘→芋ノ木ドッケ→酉谷山→三ツドッケ→東日原バス停

 標高1,700mから上ではカエデの仲間やヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ、サラサドウダンといった花が咲いていました。千本ツツジ周辺のツツジ類は例年より早くピークを迎えていますが、6月上旬までは楽しむことができそうです。標高1,900m付近の小雲取山~雲取山区間や大ダワ~芋ノ木ドッケ区間ではキバナノコマノツメが咲き、登山道脇を彩っていました。また登山中、「ミョーキン、ケケケケ…」とエゾハルゼミが鳴き、ほかにもジュウイチやツツドリ、オオルリ、コルリ、ルリビタキ、コマドリなどの鳥の鳴き声も聞くことができました。登山の際は、きれいに咲く花を観察したり、鳥の声に耳を傾けてみたりすると、より自然の息吹を感じられるでしょう。

千本ツツジ巻き道のヤマツツジ

千本ツツジ巻き道のヤマツツジ

小雲取山付近のトウゴクミツバツツジ

小雲取山付近のトウゴクミツバツツジ

長沢背陵のサラサドウダン

長沢背陵のサラサドウダン

大ダワ~芋ノ木ドッケ区間のキバナノコマノツメ

大ダワ~芋ノ木ドッケ区間のキバナノコマノツメ

ページの先頭へ戻る