ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

イベントのご案内

2018年04月29日

特別展「寫眞で見る小笠原展」

小笠原に人が定住を初めて188年。最初の定住者は欧米系の人とハワイの人たちでした。
明治になり日本人が開拓のために移住、戦前の小笠原は7000人を超す人々が暮らす時代がありました。

戦争が終わり昭和21年に欧米系島民だけは帰島。しかし、日本人は昭和43年まで島に帰ることができない、長い長い年月を迎えます。

小笠原は今年で返還50周年を迎えます。
この展示で紹介する写真は、戦前や米軍統治時代の様子、やっと迎えた返還式典、返還後~昭和60年代の風景と生活を写したものです。写真の1コマから時代の流れを感じていただければ幸いです。

ページの先頭へ戻る