ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2018年02月13日

オガサワラベニシオマネキ Ogasawara fiddler crab

オガサワラベニシオマネキは、父島二見湾の干潟にのみ住んでいる小笠原の固有種のカニです。最大で2.5cm程の甲羅にはきれいな模様があり、オスは左右のどちらかに大きな赤いハサミを持っています。個体数が著しく少ないので、干潟の環境を守ることが大切です。

Ogasawara fiddler crab is an endemic species of Ogasawara. The crab lives only in the mudflat of Futami Bay in Chichijima Island. The crab has beautiful patterns on their shells of 2.5cm at the maximum, and the male has big red scissors on either side. Since the number of individuals is extremely small, it is important to protect the mudflat environment.

ページの先頭へ戻る