ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2018年01月15日

ムニンタイトゴメ Munintaitogome

ムニンタイトゴメは小笠原の固有種です。1月から3月頃、山頂部の日当たりの良い岩場で咲く草丈5cmぐらいの小さな多年草です。葉が肉厚で丸みがあり、葉の形が「大唐米」という米に似ているため名付けられました。

Munintaitogome is an endemic species of Ogasawara. It is the small perennial of 5cm in height which blooms in the sunny rocky area of the mountaintop from January to March. The leaves are thick and rounded, so it looks like Taito-rice in appearance(gome[kome]means rice in Japanese) .That is why it was named Munintaitogome.

ページの先頭へ戻る