ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年09月08日

アサヒエビネ Asahiebine

かつて自生地であった旭山に因んで名付けられたラン科の小笠原固有植物です。ノヤギやアフリカマイマイの食害により絶滅の可能性がある他、違法な盗掘や環境の変化もまた絶滅危機の理由です。
It is endemic species of orchidaceae which was named after Mt. Asahi where the native plant used to grow. It is on the verge of extinction because of feeding damages by wild goats and giant African land snails. Illegal digging and environmental changes are also reasons of the extinction crisis.

ページの先頭へ戻る