ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年07月14日

ガジュマル

今日の大村海岸

今日の大村海岸

ガジュマルの実

ガジュマルの実

たくさん落ちています

たくさん落ちています


今日は南から暖かい湿った風が吹いています。
熱帯低気圧が近くにいますが、それほど影響はなさそうです。

最近、大神山公園では、ガジュマルの実がたくさん見られます。
クワ科の植物で、小笠原では明治時代に導入され、木陰を作ったり防風用に植栽されました。太平洋戦争中はトーチカや壕の偽装にも使われました。

戦後になると放置され巨大化しましたが、種がつかなかったので繁殖することはなく生態系(在来種)への影響はさほどありませんでした。返還後には、大型観葉植物として内地へ出荷もされていたようです。

その後、ポリネーターであるガジュマルコバチが侵入し、1992年頃に種子の実生が確認されるようになり、今では父島・母島のいろいろな所で生育しています。

ガジュマルは、成長すると他の植物の幹や枝に絡みつき、その植物を枯らしてしまう困った植物のため、侵略的外来種の一つとなっています。

しかし、ガジュマルの実はアカガシラカラスバト、メグロ、メジロ、ヒヨドリなどの鳥たちが好んで食べています。
他の植物を絞め殺す一方、鳥たちの食物資源となっています。

一概に、侵略的外来種だからといって一気に駆除すると、固有の動物たちに影響が出てくるので、その辺のバランスをとるのが難しいですね。
少しずつ、小笠原らしい自然に戻していき、固有種や在来種であふれる島になってほしいですね。



本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。
特別展「つ・な・が・る島々展」 の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター7月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター7月号 [PDF]


小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com/

ページの先頭へ戻る