ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年07月13日

身近な水族館

今日の大村海岸

今日の大村海岸

ロクセンスズメダイ

ロクセンスズメダイ

タテジマキンチャクダイ

タテジマキンチャクダイ

ユウゼン(日本固有種)

ユウゼン(日本固有種)


7月も中旬になりました。
海遊びが楽しい季節です♪

7/27から開催する特別展「小笠原の海の仲間たち」でも紹介しますが、
大村海岸は意外とお魚天国♪なのです。
今日は大村海岸で見られる魚について・・・

最初は、ロクセンスズメダイ。
その名の通り、6本の黒い線があります。(体に4本、尾びれに2本)
どの海岸でもよく目につく魚で、大きさは15cmぐらいです。
時には数十尾の群れを見ることができます。
ちなみに、よく似た魚がオヤビッチャです。
こちらは、背が黄色くて、尾の線がありません。

2匹目は、タテジマキンチャクダイ。
30~40cmほどの大きさで、派手な模様だけど警戒心の強い魚です。
近づくとすぐに隠れてしまいます。
そして、グワッグワッという威嚇音を出すこともあります。
横縞ではないの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
頭を上に尾びれを下にして見てください。縦縞ですよね♪
魚の縞模様は、頭を上にした状態で判断されるようです。(一部例外もあります。)
また、幼魚のころはまったく違う模様をしているので、最初見たときは違う魚?と思いました。

最後は、ユウゼン。
15cmの大きさで、日本固有種の魚です。
名前の由来は友禅染からで、色模様が日本的ですよね。
よくペアで泳いでいます。
繁殖時期になると、数十匹ぐらいの群れでいます。
この様子を「ユウゼン玉」と呼んでいます。
小笠原では普通によく見られるユウゼンですが、八丈島から小笠原諸島にかけての海域と、沖縄の西部沖の島、南大東島でしか見られないです。
小笠原に来た際にはぜひ見ていただきたい魚の一つです!



本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。
特別展「つ・な・が・る島々展」 の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター7月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター7月号 [PDF]


小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com/

ページの先頭へ戻る