ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年06月08日

船がいっぱい

今日の大村海岸

今日の大村海岸

ぱしふぃっくびいなす

ぱしふぃっくびいなす

ぱしふぃっくびいなすと共勝丸

ぱしふぃっくびいなすと共勝丸

共勝丸と海上保安庁巡視船いず

共勝丸と海上保安庁巡視船いず


やっと梅雨が明けました!(個人的予報)
久々に朝から晴れた―!!と清々しい気持ちになり、布団を干してたくさん洗濯しました!

今日はおがさわら丸が出港中ですが、湾内は船で賑わっていました。
まずは大きなフェリー、ぱしふぃっくびいなす。
観光船が来ると、やっぱり大きいなー、一度でいいから乗ってみたいなーと思います。
見慣れているおがさわら丸と違って、まるで動くホテルのような感じです。

その後に、貨物船共勝丸が入港しました。
ぱしふぃっくびいなすと比べると大きさが段違いに違いますね~。
共勝丸は、小笠原にとってとても大事な船。
東京からは、建築資材や車両などの重量物、食料品や雑貨などの生活物資、またLPGやガソリンなどの危険物を運んできます。
そして 小笠原諸島からは、建築資材や車両のほかに、産業廃棄物の収集運搬をしています。
小笠原で生活している私たちにとって、なくてはならない船です。

そして、いつもはおがさわら丸が停泊しているところに、海上保安庁巡視船いずが停泊中です。
この船は、大規模災害発生時に現場指揮所となるための指揮通信設備や、被災地への救援物資運搬能力などを備えた災害対応型の巡視船として建造されました。また、第三管区海上保安本部(主に関東地方や東京島しょ部・東海地方の太平洋などが管轄)の救難強化巡視船でもあります。
日本の最東端と最南端も東京ですからね。これらの領海を巡視にきたのでしょうか。

他にも自衛隊の船やまれに外国船も来ます。
台風が発生すると、国際避難港である二見港にいろいろな船が避難しに来ます。
そういった船を見ると、改めて小笠原は国境の島なんだなーと思います。


本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。

特別展「つ・な・が・る島々展」
の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター6月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター6月号 [PDF]


小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com/

ページの先頭へ戻る