ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年05月11日

アオウミガメの産卵が始まりました

今日の大村海岸

今日の大村海岸

カメの足跡

カメの足跡

産卵場所踏み入れ防止マーク(3本の棒)

産卵場所踏み入れ防止マーク(3本の棒)

ポスター(公園掲示板、海岸入口などに設置)

ポスター(公園掲示板、海岸入口などに設置)


今日は前線が近くにあるので、曇ったり雨が降ったりと不安定な日です。

先日お知らせしましたが、ウミガメの産卵が始まりました。
大神山公園では、ウミガメの産卵・孵化が終わるころ(10月ごろ)まで、夜間、大村中央地区の園内灯の消灯とカメ迷走防止柵を閉鎖しますので、お足もとにご注意ください。

また、夜間、海岸を利用する際はウミガメの上陸や産卵を妨げないよう十分ご注意ください。
産卵に来たウミガメは非常に神経質で、大きな音や動きを感じると産卵せず海に帰ってしまいます。
数日に渡り、上陸・産卵ができないと、水中で卵を放出してしまうことがあります。
卵の中にいるウミガメは呼吸をしているので、水中に放出されると死んでしまいます。

産卵時期(5~8月ごろ)の大村海岸への夜間への立入りについては、ウミガメの上陸・産卵への影響を軽減するため、ポスター画像(公園掲示板、海岸入口、ビジターセンターなどに設置)にあるように、青い丸印の入口1か所といたします。

そして、次の点にご配慮ください。
・ライトは足元だけ照らし、海岸へは静かに入る。
・海やウミガメに光を当てない。フラッシュ撮影をしない。
・もしもウミガメに出会ったら。ウミガメの視界から外れるまで動かない。
・大声を出さない。
・ウミガメの前に立たない。
・ウミガメや産卵巣に近づかない。

また、産卵場所には、写真のような3本の棒を立てています。
その下にはウミガメの卵があるので、その上を踏まないよう気をつけてください。

アオウミガメと産卵海岸を守るために、ご協力をよろしくお願いします!!



※本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。
特別展「つ・な・が・る島々展」「クジラと小笠原」
の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター5月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター5月号 [PDF]


小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com/

ページの先頭へ戻る