ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年02月15日

在来種あふれる公園へ!

今日の大村海岸

今日の大村海岸

除草作業中の様子

除草作業中の様子

除草作業前の斜面

除草作業前の斜面

ホナガソウ、アカギ、ランタナで覆われています。
除草作業後

除草作業後

きれいになりました。
今日は定期船「おがさわら丸」出港翌日です。島内は観光のお客様もほとんどいなくなり、静寂につつまれています…とお伝えしたいところですが、公園内は施設改修工事の真っ最中!
野外ステージの塗装工事は終了しましたが、大村海岸の休憩舎や大神山公園の北入口園路の整備工事など3月いっぱいまで工事続きでご迷惑をおかけします。リニューアルした大神山公園をお楽しみにしてくださいね。
昨年、大神山に新設した「ヒメツバキの谷」園路は、大神山北側に位置しています。
ヒメツバキをはじめ、オオトキワイヌビワ、テリハハマボウ、コブガシ、オガサワラビロウ、ムニンタツナミソウなどの固有種、また、アカテツ、シマモクセイ、シャリンバイ、モモタマナ、テリハボクなどの在来種があります。
名前が示す通り園路は谷筋に沿って伸びていて、谷の下の方では高木が生え、シダ植物も繁茂しています。谷の上の方は低木や土壌の薄い斜面になっていて、ホナガソウやランタナなどの侵略的外来種が群落をつくっていました。

先日2/11,12の両日、NPO法人小笠原野生生物研究会がボランティアを募り、ホナガソウやランタナの駆除作業を行ってくださいました。公園職員も協力し、2日間で合計軽トラック5台分ほどの駆除を行うことができました。ご協力いただきましたみなさん、本当にありがとうございました。途中、絶滅危惧種のアカガシラカラスバト(固有亜種)も登場し、みんなの駆除作業を応援?してくれました。今後も継続して駆除作業を行い、並行してヒメツバキやオオハマボッス、オガサワラアザミなどの植栽も行う予定です。

一歩づつ手探りですが、小笠原の在来植物にあふれた公園作りを、今後も行ってまいります。     
ご期待くださいね♪


※本日ビジターセンターは閉館日です。
次回の開館は2月17日(金)8:3017:00です。

特別展「クジラと小笠原」 ~たべる鯨 みる鯨~ を開催中です。

「小笠原のどうぶつ展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。

小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター2月号
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター2月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る