ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年02月07日

特別展は本日から開催です!

本日からビジターセンターで、特別展「クジラと小笠原 ~たべる鯨 みる鯨~」が
開催されます。
今日の大村海岸

今日の大村海岸

今日は風が強いです。
展示室入口

展示室入口

「たっ、食べられちゃう~」、迫力満点!
ザトウクジラ、等身大を再現です。
展示室内の様子

展示室内の様子

尾びれが天井まで届いてます。
展示室内の様子

展示室内の様子

展示室内はクジラ情報満載です。
本日は約3週間ぶりの、おがさわら丸入港日です。555名の乗客とたくさんの物資を乗せて、竹芝から約1000㎞離れた父島に午前11時過ぎに到着しました。乗客の中には本土から帰る島民も大勢いるはずなので、賑やかな船内でしょうねぇ~。

再び賑やかになる父島ですが、海の中も最近賑やかなんです。
ザトウクジラの子育てシーズン真最中で、近海ではクジラのブロー(潮吹き)をよく見かけます。
そんなクジラシーズンに合わせて、ビジターセンターでは
特別展 「クジラと小笠原 ~たべる鯨 みる鯨~」
を本日から開催します。
小笠原最初の定住者(ナサニエル セーボレー他)がアメリカ式捕鯨船に物資補給をしていたり、捕鯨の中継地にもなっていたので小笠原と捕鯨は切っても切れない関係でした。母島は1983年まで捕鯨基地になっていました。その後、母船式捕鯨が主流となり、小笠原の捕鯨の歴史は幕を閉じました。現在では、クジラを観察する「ホエールウオッチング」が、冬の小笠原観光のメインとなっています。昔は食べ物として、今は観察対象としてクジラと小笠原は密接につながっています。
ぜひ、ビジターセンターでクジラ情報をお楽しみください!
展示室狭しと圧倒的な存在感の等身大ザトウクジラが、皆さまをお待ちしております♫

※本日はビジターセンター開館日です。
開館時間は8:30~17:00です。

NEW! 特別展「クジラと小笠原 ~たべる鯨 みる鯨~」を本日から開催します。

「小笠原のどうぶつ展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター2月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター2月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る