ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2017年01月11日

ココヤシの小さな花♫

今日の大村海岸

今日の大村海岸

穏やかな夕焼け

穏やかな夕焼け

先日撮ったものです。海岸際にココヤシが見えます。
ココヤシの花

ココヤシの花

葉の根元に付いています。
ココヤシの花

ココヤシの花

近くで見ると、小さな花がびっしり!
今日も波の音が心地よい大村海岸です♫

突然ですがみなさん、「南の島!」と聞いて思い浮かべることはなんですか?
海!空!もくもく雲!ビーチでのんびり!

そんななかに、ココヤシのある風景を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
父島でもたくさんのココヤシがみられます。

このココヤシ、父島には明治の中ごろから大正時代にかけて持ち込まれたとされています。
樹高は10m以上になります。葉の長さは3~5mで、枯れた葉が地面に落ちる時にはドスっという重い音がします。

ココナッツ(ココヤシの実)は直径20~30cm、結実から70日ほどで最大になり、重いものは4㎏にも。成熟するのに1年かかるそうです。
1年間で、1本の木に40~80個の実がなり、60~70年のあいだ収穫できるといわれています。
しかし、小笠原のものは結実が少なく特に利用はされていません。

大神山公園内にもたくさんココヤシが植えられており、私たちを楽しませてくれます♫
しかしそんな大きな実が熟して、もし落ちてきたら!園内のみなさまに危険がおよぶ可能性があります。
ココヤシもエネルギーを費やしせっかく実らせてくれたのですが、ここは安全を優先し、剪定させていただきます。

ごめんね、と言いながら先日も、未成熟の実と花を剪定しました。
なんと、ココヤシの花はツブツブなんですね!固い蕾がたくさん付いていました。

ココヤシをみかけたらぜひ、葉の根元のお花も見てみてください~♪




※本日ビジターセンターは開館日です。
開館時間は8:30~17:00です。

特別展「小笠原のどうぶつ展」「南島展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター1月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター1月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る