ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年12月15日

もしも動いたら...

今日の大村海岸

今日の大村海岸

荒れ模様です。
アオノリュウゼツラン

アオノリュウゼツラン

高さ2m近いです!迫力あります。
アオノリュウゼツラン 花茎

アオノリュウゼツラン 花茎

左手前に新しい花茎が生えてきています。右奥のようにニョキニョキ伸びていきます。

アオノリュウゼツラン 花

アオノリュウゼツラン 花

黄色くてかわいい花が咲きます。
(H28年6月島内で撮影)

昨日、強い雨風がありました。本日も引き続き、風が強く吹いています。
木の枝やタコノキの葉が道路に飛んできているのを見かけます、みなさん運転時などお気をつけくださいね。

その恵みの雨のおかげで、本日のダム貯水率54.9%に!少しほっとしました。

今日は、もしも動いたら…と考えるとものすごーく恐ろしいこの植物を紹介します!

アオノリュウゼツラン、明治12年に繊維原料として輸入されたもので、父島や母島の土壌の浅い岩石地や崖地などで群生しています。

葉は大きくて厚みがあり、先が鋭くとがっていて縁にはトゲがあります。
アロエがものすごく大きくなったものを想像していただければと思います。怖いですね~。

この葉が、いまにも動き出しそうにウネウネと生えているんです。
公園内では高さ2m近いものも見られますよ、大迫力です!
もしも動いてその葉が向かってきたら、、、人間はなす術もありませんね
(*動かないのでご安心ください。近くでみる時にはくれぐれもトゲには気をつけてくださいね。)

このアオノリュウゼツラン、花を咲かせますが、それが見られるのは30~50年に一度と言われています。
さすがこれだけ大迫力の植物、花も期待を裏切りません!
約5mほどの花茎を伸ばします。遠くから見ると、まるで木の枝のようです。
そして、花を咲かせたあとの株は枯死します。これだけ大きな植物が枯れているのは、はかなさを感じますね。
ちなみに、この花の蜜はオガサワラオオコウモリの大好物です♪

その花茎がなんと、公園内のメイン展望台付近で生えてきているのを先日発見しました!
これからが楽しみです!
ぜひこの大迫力の植物を見に、足を運んでくださいね♪



※本日ビジターセンターは開館日です。
開館時間は8:30~17:00です。

特別展「小笠原のどうぶつ展」「南島展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター12月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター12月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る