ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年12月12日

人命救助訓練

海上自衛隊による、人命救助訓練がありました。
本日の大村海岸

本日の大村海岸

人命救助訓練実施中

人命救助訓練実施中

大型のホバークラフト登場

大型のホバークラフト登場

甲板上にトラックが乗っています。
ホバークラトの雄姿

ホバークラトの雄姿

本土から父島に来るためには、定期船「おがさわら丸」で24時間の船旅が必要になります。
乗客のみなさんは船旅を楽しみながら、ゆっくりとした時間を過ごしていらっしゃるのでしょう。
ところがごくまれに空輸で島内から搬送されるケースがあります。いわゆる緊急搬送です。
島内にも診療施設はありますが、本土のような専門的な施設はありません。
緊急を要する疾病等などで本土搬送を行う場合は、海上自衛隊の航空機(ヘリコプターなど)によって硫黄島経由で搬送されるのです。

父島には海上自衛隊の駐屯地があり、隊員20~30名ほどが駐屯しています。
海上自衛隊は2カ月に1回くらい二見湾で人命救助訓練を行います。今回は12月8日に訓練が行われ、ヘリコプターを上手に操作しながら遭難者を救助していました。ここまでは、父島では見慣れた光景だったのですが、翌日に大型輸送艦の「おおすみ」が湾内に出現!艦内後部のハッチから続けざまに2艇の大型ホバークラフトが登場しました。迫力満点のホバークラフト、今回の目的は父島駐屯地へ荷物を届けることです。甲板を見るとトラックが乗っていたりするんです。豪快ですよね~。
その他にも父島を訪れる艦船の中には、掃海艇や潜水艦まであるんですよ。
普段からさまざまな船が訪れる父島ですが、調査船、クレーン船、レジャーヨットなどなど船好きにはたまらない所ですね~。


※本日ビジターセンターは開館日です。
開館時間は8:30~17:00です。

特別展「小笠原のどうぶつ展」「南島展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター12月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター12月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る