ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年09月29日

ヤシの木(大村中央地区)

本日の大村海岸

本日の大村海岸

ココヤシ

ココヤシ

トックリヤシモドキ

トックリヤシモドキ

マニラヤシ

マニラヤシ

本日も快晴ですが、風が強く海況はバシャバシャです。朝早くから、大村海岸で波乗りを楽しんでいる方もいらっしゃいました。
沖のツアーに出発された方も大勢いらっしゃいましたが、うねりもあり、海況があまり良くありません。波でイルカを見つけにくいかもしれませんが、頑張って探してくださいね。

園内には南国の象徴ともいえる”ヤシの木”がたくさんあります。
本日は大村中央地区にある、ヤシの木をご紹介したいと思います。

まずはヤシ科植物のなかで、もっとも有名な”ココヤシ”です。
樹高は大きいもので30メートルにまで成長します。果実はココナッツで、1個につき約1リットルのココナッツジュースが入っています。

次に”トックリヤシモドキ”です。トックリヤシとの違いは、幹の基部が、キレイなトックリ状にならないのが、名前の通り、トックリヤシモドキになります。
成長するとトックリヤシモドキは、高さ約7~10メートルほどになり、トックリヤシよりも大きくなります。

最後に”マニラヤシ”です。名前の通り原産地はフィリピンです。
高さ7メートルほどに成長し、葉の形状は羽状葉で長さ2メートルまでになり、トックリヤシやトックリヤシモドキにやや似ています。耐寒性はあまりなく越冬させるには最低気温が5℃以上必要だそうです。果実が12月頃、赤く熟れることから、クリスマスパームと呼ばれることもあります。

※本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しています。

特別展「小笠原のどうぶつ展」「新おがさわら丸展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター10月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター10月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com



ページの先頭へ戻る