ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年09月14日

海岸樹木

本日の大村海岸

本日の大村海岸

テリハボク

テリハボク

開花しました♪
モモタマナ

モモタマナ

ハスノハギリ

ハスノハギリ

今日もいいお天気です。海はうねりが入り始めたようで、発生した台風の動向が気になるところです。でも、まだまだ問題ありません。強い日差しで日焼けや熱中症のほうが心配です。みなさま、外出の際は対策を忘れないでくださいね!!

さて、今日は園内で見られる海岸樹木テリハボク・モモタマナ・ハスノハギリをご紹介いたします。
先ずは開花を確認したテリハボク。島名はタマナ。樹高はだいたい15,6mほどで、大きいものだと20mを超えるものも!そんな大きな木の割に、白くて小さく可愛らしい花を咲かせます。材が固いので昔は家具や建材として利用されていました。島の代表的な打楽器「カカ」もタマナで作られています。園内ではコミュニティ広場でご覧いただけます。

先の台風の潮風で随分と葉が枯れてしまったモモタマナ。樹高は大きいもので20mにまで達する落葉高木で、小笠原では数少ない紅葉する樹木です。花は白くて本当に小さい!!でも、小さな白い星型で穂状に咲く花はとっても可愛いですよ♪こちらは園内のいたる所でご覧いただけます。

最後はビジターセンターの裏にあるハスノハギリ。ビジターセンターの屋根よりも高く、樹高は10m~15mくらい。黄色味を帯びた小さな花をたくさん咲かせます。材が桐のように軽く、戦前の小笠原ではその材の軽さを利用して、釣りや船の係留に使うウキやアウトリガ―カヌーの材料にしていたそうです。

ちなみにこの3種の中で、葉が一番大きいのはモモタマナ。花が一番小さいのもモモタマナです!!
園内にいらしたら皆さまもぜひ見比べてみてくださいね♪

本日ビジターセンターは閉館日です

特別展「小笠原のどうぶつ展」「新おがさわら丸展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えております。お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター9月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター9月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

ページの先頭へ戻る