ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年07月15日

ウミガメの産卵を見るときの注意点

本日の大村海岸

本日の大村海岸

波がたっています
ウミガメの上陸跡

ウミガメの上陸跡

ウミガメのオブジェ

ウミガメのオブジェ

リアルで本物みたい
どうぶつ展のウミガメコーナー

どうぶつ展のウミガメコーナー

実物大のシルエットです

本日は定期船「おがさわら丸」の入港日。海況があまりよくないので、揺れていないか気になります。天候は快晴でとても蒸し暑いです。熱中症にならないように水分と塩分をしっかりとってくださいね。

大村海岸では、ウミガメの産卵ピークを迎えています。
朝の巡回で、ウミガメの上陸跡を見ない日はなく、産卵巣がたくさんあります。
小笠原海洋センターの方々も忙しそうです。
大村海岸は小笠原諸島のなかでも産卵の多い海岸の一つで、人の生活圏に近い海岸で産卵が見れるのは世界的にも珍しいそうです。
生活圏に近いからこそ、ウミガメの産卵に立ち会う際には、気を付けなければいけないことがいくつかあります。街の灯りや街灯などの光はウミガメの産卵行動を妨げます。そのため産卵期には大村中央地区では、トイレを除いて園内の照明を消しています。ウミガメが安心して上陸・産卵が出来るよう、次の事を守ってくださいね。

・海岸ではむやみに懐中電灯を照らさない
・海岸では静かにしましょう
・産卵区域(立入り禁止箇所)には入らない
・ウミガメに近寄らず、後方の離れたところから見守りましょう
・カメラのフラッシュはやめましょう

ビジターセンターには、ウミガメに関する展示や情報がいっぱいあるので、ぜひ見に来てくださいね。

※本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しています。

特別展「小笠原のどうぶつ展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター7月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター7月号 [PDF]

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com




ページの先頭へ戻る