ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2016年03月03日

黄色いお花たち

本日の大村海岸

本日の大村海岸

透明度高いですね
ムニンキケマン(広域分布種)

ムニンキケマン(広域分布種)

ツルワダン(固有種)

ツルワダン(固有種)

テリハハマボウ(固有種)

テリハハマボウ(固有種)

島名:ヤマイチビ
本日もいいお天気で、海況も凪ています。昨日入港した定期船「おがさわら丸」も603名と、大勢の観光の方を乗せて到着しました。今便は若い学生の方が多いですね~もう大学は春休みなのかな。
本日は3月3日ひな祭りです(桃の節句)。もともとは平安時代を起源とする「五節句」という行事があり、季節の節目に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う風習から、女児の初節句にはひな人形を用意し、健やかな成長と幸せを願いながらお祝いするようになったそうです。

三月に入り、ますます春めいた陽気になってきました。春といえばカラフルなイメージで、園内でも黄色いお花がキレイに咲いています。ムニンキケマンは小笠原の固有種と考えられていましたが、伊豆七島南部などにも分布していることが分かり、海岸の砂地に生息していて、大村中央地区の砂地にキレイに咲いています。ツルワダンは開花数は異なるものの、通年を通して咲いています。ノヤギの食害などにより個体数が減少し、絶滅危惧種に指定されてしまいました。タンポポに似た黄色い可愛いお花です。テリハハマボウは島ではヤマイチビと呼ばれ、葉っぱに光沢があり照り葉です。花は黄色から赤色に変わり一日で落花してしまいます。園内にあるオオハマボウと同じ黄色い花で、とても良く似ていますが、葉っぱで見分けると分かりやすいです。

その他、黄色いお花というとオオハマボウ、イソフジ、なども咲いています。内地でも黄色いお花というと、タンポポやナノハナを想像しますね。きっと黄色も春の色なんでしょうね。

※本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。

特別展「いるか展」 「ザトウクジラ展」の他、歴史や文化・自然情報など取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター3月号☆

ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
ニュースレター3月号 [PDF]
小笠原ビジターセンター春のイベント案内

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com












ページの先頭へ戻る