ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2015年09月03日

絶滅危惧種

本日の大村海岸

アサヒエビネ
(H26.9.5撮影)
花の色は白から徐々に黄色に変わります

オオハマギキョウ
一度きりの花を咲かせるのに約4~5年かかります

ツルワダン
父島では数を減らしてしまいましたが、
南島では広範囲に生息しています
本日もお天気が良く、沢山の観光の方が沖へ出発していきました。
9月は水の透明度も上がり、水温も高いので絶好の海水浴日和です。
陽射しは強いので、日焼け止めを塗るのを忘れずに楽しんでくださいね~

園内には、絶滅危惧種の「アサヒエビネ」「オオハマギキョウ」「ツルワダン」が咲いています。
動植物のなかで、1個体も生存しなくなった状態を「絶滅」したといい、そのおそれがもっとも大きな状態の種や亜種は「絶滅危惧種」と指定されています。
理由は、ノヤギ・カタツムリの食害、環境の変化などによる個体数の激減などです。さらに、固有植物ですので(特定の限られた地域にのみ生息する植物)小笠原ならではの植物です。ほんとうに、希少価値です。

園内でキレイな花を咲かせていますので、小笠原に来島された際には、是非見に来てくださいね!!

※本日、ビジターセンターは開館日となっています。
開館時間は8:30~17:00です。

特別展「いるか展」「遊歩道の固有植物(父島編)」の他、歴史や文化、動植物の情報や映像をたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください


☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター9月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

ニュースレター9月号 [PDF]


アオウミガメの産卵孵化シーズンが始まりました。カメが安心して産卵・孵化できるよう大村中央地区の園内灯を夜間消灯させていただく他、迷走防止ゲート、及び遮光扉を閉鎖させていただいています。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

 



ページの先頭へ戻る