ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2015年08月21日

南洋踊り&KAKA

本日の大村海岸
波が荒くなってきました

台風養生もしました

南洋踊り

後ろに見える木の太鼓がKAKAです
大型で非常に強い台風16号が、21日朝9時に父島の南東約550キロにあって、北北西に進んでいます。
まだ550キロも離れているのに、時折凄い風が吹いています。中心付近の最大風速は50メートルで、最大瞬間風速は70メートルと言われています。直撃ではないにせよ、相当な風が吹くことが予想されますので、園内の台風養生もしっかりやっています。父島にいる方は台風養生をしっかりして、安全な所に避難してくださいね。

台風前の昨夜19:30~20:30にお祭り広場で「南洋おどり&KAKA」が開催されました。南洋踊りは戦前、日本が南洋群島を統治していた時代に、本土から小笠原を経由した南洋航路に乗って、仕事に出かけたジョサイア・ゴンザレスさんらによって伝えられました。南洋群島のさまざまな島の歌と踊りを、各歌の間を「レフト、ライト」でつないで転換していきます。歌は5曲からなり、南方文化伝播を知ることが出来る踊りとして、東京都の無形民俗文化財に指定されています。踊りの際にリズムを刻んでいる太鼓は「KAKA]と呼ばれ、小笠原に生育するタマナ(和名:テリハボク)の幹をくり抜いて作られています。

南洋踊り保存会の方が、優しく手とり足取り教えてくださり、参加者全員で南洋踊りを踊りました。簡単なところと難しいところがあり、出来ているのか、いないのか分からない感じで皆さん踊っていらっしゃいました(笑)。でも、全員から笑みがこぼれていたので、楽しかった事は間違いないでしょう。KAKAも自由に演奏していいとの事でしたので、独特の音を皆さん楽しんでいらっしゃいました。

※本日、ビジターセンターは開館日となっています。
開館時間は8:30~21:00です。
(台風16号の影響により17時までの開館とさせていただく場合があります。また、22日~24日は臨時閉館とさせていただきます。)

特別展「いるか展」「遊歩道の固有植物(父島編)」の他、歴史や文化、動植物の情報や映像をたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください


☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター8月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

ニュースレター8月号 [PDF]
*8月22日予定していた首都大学東京公開講座は台風16号の影響により中止となりました。


アオウミガメの産卵孵化シーズンが始まりました。カメが安心して産卵・孵化できるよう大村中央地区の園内灯を夜間消灯させていただく他、迷走防止ゲート、及び遮光扉を閉鎖させていただいています。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会
http://www.ogasawaramura.com

 

ページの先頭へ戻る