ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2015年06月30日

ガジュマルの木

本日の大村海岸

コミュニティ広場のガジュマル
(2015.2.25撮影)

ガジュマルの実
(2014.12.11撮影)
あかぽっぽが食べにきますよ

絞め殺しの木とも呼ばれています
(2014.4.27撮影)
ここ最近は日中は暑いけれども、夜風が気持ちのいい父島です。
海況もまだ少し荒いですが、だいぶ落ち着いてきましたよ。

朝、園内の巡回をしていて、ふと気になった「ガジュマルの木」をご紹介したいと思います。
ガジュマルの名前の由来は諸説あるみたいですが、成長しながら気根(特殊な根で空気中から水分を吸収)を土台となる低木や岩に絡みつかせていく様子から「絡まる」や、または「風を守る」からの転訛説があるそうです。花言葉は「健康」で、成長した気根がアスファルトやコンクリートを突き破ることもあり、その強い生命力やたくましさに由来すると言われています。また、ガジュマルは「幸運をもたらす精霊が宿っている木」と呼ばれ、沖縄などでは、ガジュマルの古木には「キジムナー」という精霊が住んでいるといわれます。大木の気根の間を二人で通ると幸せになるともいわれているそうです。その一方、ガジュマルは成長しながら土台となった木に気根を絡みつかせ、絞めつけて、ついには土台の木が枯れてしまうことから「絞め殺しの木」とも呼ばれています。ですが、その生命力やたくましさは見習いたいものですね。

父島には「ガジュマルの森」と呼ばれている、素敵な場所もあります。
是非、見に来てくださいね!


※本日、ビジターセンターは閉館日となっています。

特別展「いるか展」の他、歴史や文化、動植物の情報や映像をたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください


☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター7月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

ニュースレター7月号 [PDF]

アオウミガメの産卵シーズンが始まりました。カメが安心して産卵・孵化できるよう大村中央地区の園内灯を夜間消灯させていただく他、迷走を防止するためゲートを閉鎖させていただいています。また、シロアリ対策と致しまして、大神山地区の園内灯も一部消灯させていただいております。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

小笠原での過ごし方をサポート!! イベント情報をはじめ、宿や各種ガイドツアー、
飲食店、お買いもの情報など盛りだくさん!!
★小笠原村観光協会

http://www.ogasawaramura.com
 

ページの先頭へ戻る