ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年03月05日

テンノミ山

本日の大村海岸

大神山はかつてテンノミ山と呼ばれていました。

タチテンノウメの葉

シラゲテンノウメの葉
本日も昨日に引き続き、まだ少し風の強い陽気ですね・・・
明日は定期船「おがさわら丸」がいよいよ繁忙期シーズンの着発便となって入港します。
早く風が和らいでくれると良いですね。

さて、大神山で満開であったシャリンバイもそろそろ終わりに近付き、タチテンノウメの花の数が増えてきました。
タチテンノウメは小笠原固有の植物で近縁のシラゲテンノウメと良く似ています。見分け方としては、タチテンノウメの葉は光沢があり、先端は尖っているのに対し、シラゲテンノウメの葉は白い毛に覆われ、全体的に丸みを帯びています。葉の対もタチテンノウメの方が多いのが特徴である他、生え方もタチテンノウメは立ち上がっていくように生えるのに対し、シラゲテンノウメは地面を這うように生えます。
(しかし、交雑種も多く存在するため、見分けが付かないこともあります・・・。)

島の名前でテンノミと呼ばれているタチテンノウメとシラゲテンノウメですが、大神山ではテンノミが多く見られることから、昔はテンノミ山とも呼ばれていたそうですよ♪
その名の通り、これから大神山ではテンノミの花が見頃となります。是非足をお運びになってみてくださいね♪
また、シマギョクシンカやイヌシロソケイも蕾を付けはじめているので、開花が楽しみです!

 本日ビジターセンターは閉館日となっております。
次回は明日3月6日(木)より3月は毎日開館致します。
開館時間は8:30~17:00です。
※3/21,22,24,25は21:00まで開館
館内では、特別展「鯨・鯨・鯨 展」を開催中です。
毎年冬場に繁殖のために小笠原近海にやってくるザトウクジラ。今回はザトウクジラの生態の他、海や陸からのウォッチング情報や、小笠原で有名なモッチーニというクジラをご紹介していますよ♪
その他にも歴史や文化、動植物の情報などたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

    
☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター3月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

⇒ 
ニュースレター3月号 [PDF]  


  

ページの先頭へ戻る