ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年01月20日

サンゴダスト

今日の大村海岸です。

これがサンゴダストです。

主に枝珊瑚の死骸が多いですね。もっと砕かれると目の粗い砂になります。

たまにですが、こんな綺麗なサンゴもあったりします♪


こんにちは。
週末から小笠原は荒天に見舞われ、昨日はお天気はよかったのですが、台風のような風で海も大荒れでした。
今朝、巡回していると大村海岸が波によって砂地は綺麗にならされていましたが、サンゴダストの部分はちょっとガタガタしていました。

サンゴダストとは、元々サンゴが死んだあとに波などによって細かく砕かれたものなのですが、戦後、小笠原返還直後に道路を作る際、道路原材料として赤土の上に敷き均し利用したことから「珊瑚ダスト」と名づけられたようです。

島の歌の中には「珊瑚通り」というものもあって、当時の島の様子を歌ったものもあるくらいです。
 島では普通に聞く言葉ですが、造語なので内地ではあまり聞きなれないかもしれませんね。

大村海岸の約半分はこのサンゴダストで形成されています。はだしで歩くと少しごりごりして痛いこともありますが、靴やサンダルで歩くとシャリシャリと心地よい音が響くんですよ♪

朝や夕方、誰もいない浜辺を波とサンゴダストの音を聞きならが散歩をするととても気持ちが穏やかになります。
自然の作り出した造形物って素晴らしいですね♪



※定期船「おがさわら丸」のドック期間中(1月19日~2月2日)、ビジターセンターは閉館させていただきます。(2月3日より通常開館となります。)

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター1月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

⇒ 
ニュースレター1月号 [PDF]  

  

ページの先頭へ戻る