ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年09月17日

オガサワラオオコウモリのお食事

本日の大村海岸
(本日出港のおがさわら丸が見えます。)

いつも団体行動のキョウジョシギですが、珍しく浜辺で一羽だけたたずんでいました。

モモタマナの実

だれが食べたのでしょうか?
最近、島のあちらこちらでトンボが飛び始め、秋の訪れを感じる小笠原ですが、
日中は海に飛び込みたくなるほど、まだまだ暑いですね。

さて、テリハボク(島名:タマナ)やハスノハギリなどとともに海岸性の樹木の代表であるモモタマナ。
 園内でもあちらこちらで見ることができ、少し前まで小さいながらもたくさんの花を咲かせていました。
花の数が少なくなると同時に、名前の由来ともなった桃の形に似た実を付け始めました。
小さな花と比べると実は大きく、いくつもの実が連なって生っています。

ふと、地面に目をやると、どちら様かがお食事をした後の実が落ちていました。
お食事をしたのは誰でしょう???

オガサワラオオコウモリです。

フルーツバットとも呼ばれるオオコウモリは植物食で、基本的に果実食ですが、蜜を出す花があれば、舐めに来ます。
モモタマナの実も彼らの好物のうちの一つです。
他にも園内にある植物の中で、タコノキやアオノリュウゼツランなども彼らが好む食事です。
日中は会うことができませんが、夜、運が良ければ出会えるかもしれませんね。

現在、アオウミガメの孵化シーズンにより、夜間の園内灯の消灯を行っております。
夜間は非常にお足下が暗くなっておりますので、十分にお気を付けくださいね。
  
~本日ビジターセンターは8:30~17:00開館しております~
※次回開館日は21日(日)です。


特別展「小笠原諸島の島々」「小笠原の魚」
の他、小笠原の歴史や文化、動植物の情報などたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

〇ビジターセンターに「Free spot」を設置いたしました。
ワイヤレス対応可能のタブレットやパソコンをお持ちの方は閲覧室にてご使用ください♪
   
☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター9月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
⇒ ニュースレター9月号 [PDF]


 

ページの先頭へ戻る