ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年05月21日

あかぽっぽ目撃情報多数あり!

本日の大村海岸

シマモクセイの実

アカガシラカラスバト

出会った時は静かに驚かさないでね!
本日も朝からジメジメ・・・本格的に小笠原の雨季がやってきたのでしょうか?
昨日のお知らせページで「カメ陽気」をご紹介しましたが、今朝海岸を確認してみたところ・・・
残念ながらアオウミガメの上陸形跡はありませんでした。
産卵シーズンは9月頃まで続くので、まだまだこれからですね!!

さて、最近大神山ではアカガシラカラスバト(愛称:あかぽっぽ)の目撃情報が相次いでいます。
どうやらシマモクセイの実を食べにやってきているようですね!

アカガシラカラスバトは小笠原固有亜種の鳥で、生息数が少なく希少なことから絶滅危惧種に指定されています。
外来樹木が繁茂してしまい餌となる樹木の種子が減少してしまったこと、ネズミが増えたことでハトと餌が競合してしまっているということ、野ネコに襲われるなどの被害などが生息数減少の原因と考えられていますが、保護事業が進められ、少しずつその生息数は増加傾向にあるようです。

本来、小笠原にはハトにとっての天敵がいなかったということもあり、警戒心がとても弱く、地面に降りて餌を食べ、巣も地面に作ります。
だからこそ、のちにやってきた野ネコなどに襲われ、生息数が減少してしまったという結果になってしまいました。
近付いてもなかなか逃げないほど警戒心が薄いですが、近付き過ぎると緊張して餌を食べれなくなってしまったりするので、
もし出会った時は遠くから静かに観察するようにしてあげてくださいね!


~本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております~

特別展「小笠原諸島の島々」の他、小笠原の歴史や文化、動植物の情報などたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
また、本日より6月17日まで「アクティブレンジャー写真展」を開催致します。
小笠原をはじめ、関東地方の国立公園/国指定鳥獣保護区で活躍するアクティブレンジャーが撮影した、雄大な自然や動植物の写真を展示致しますので、是非ご鑑賞ください。
   
  ☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター5月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
⇒ 
ニュースレター5月号 [PDF]  
 

ページの先頭へ戻る