ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年05月16日

羽アリとオオヒキガエル

本日の大村海岸

羽アリ(シロアリ)

光に集まる羽アリの様子

オオヒキガエル
羽アリを捕食します。
朝からジトジト・・・お天気は下り坂の予報です。

小笠原ももう雨季かな~なんて話が出ていますが、それと同時に始まるのが羽アリ(シロアリ)発生です。
羽アリは日が沈むと共に街頭などの光に集まり、数時間すると羽を落とし、繁殖のためつがいで地面や壁を這います。
すさまじい数の羽アリが発生するため、部屋の電気をつけていると、網戸などに羽アリがいっぱい・・・窓は恐ろしくて開けることができません。
特にひどい日は部屋の明かりを消して、ろうそくなどの小さな光で待機です。
町の飲食店なども営業はしていますが、外の光などを消さないと羽アリに営業妨害されるので、数時間は町も真っ暗。

そして同時に発生する生き物がもう一つ・・・小笠原では外来種であるオオヒキガエルです。
羽アリを捕食するため道路のあらゆる所に現れるため、足元をよ~く見て歩かないと、カエルを蹴り飛ばしてしまいます。
避けた先にも、カエル・・・カエル・・・カエル・・・な状態で、まともに歩けないのが現状ですが。

人間に危害を与える訳ではありませんが、今年ももうすぐその時期が来ると思うと・・・気が重いですね。

※現在、アオウミガメの産卵シーズンが始まったため、大村中央地区の園内灯を夜間消灯させていただいておりますが、羽アリの発生時期は大神山地区の園内灯も夜間消灯させていただきますので、皆様のご理解とご協力をお願い致します。



~本日ビジターセンターは8:30~17:00まで開館しております。~

館内では只今、特別展「小笠原の島々」を開催しております。
火山列島の硫黄三島、日本最南端の沖ノ鳥島、最東端の南鳥島、
そして・・・去年11月より噴火活動の続く西之島をご紹介しております。
普段立ち入ることのできない魅力ある島々を是非ご覧になってみてくださいね。

特別展の他にも小笠原の歴史や文化、動植物の情報などたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください・


  ☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター5月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
⇒ 
ニュースレター5月号 [PDF]  

  

  

ページの先頭へ戻る