ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2014年03月26日

今見頃の花々・・・

本日の大村海岸

オオハマボッス(固有種)

タチテンノウメ(固有種)

イヌシロソケイ
今日もとっても良いお天気♪
気温もちょうど良く過ごしやすい陽気です。

さて、昨日東京(内地)では桜の開花が宣言されましたね!
小笠原では島内にカンヒザクラという桜が何本か植栽されており、今年も1月~2月にたくさん花をつけていましたが、もうすでに葉桜となってしまいました。
これからお花見シーズンの内地がとっても羨ましいです♪
桜はもう見ることができませんが、大神山ではオオハマボッスやタチテンノウメ、イヌシロソケイがたくさん花を付け、満開を迎えています。

オオハマボッスは小笠原の固有の植物ですが、かつてノヤギの食害がひどく、その個体数はどんどんと減少してしまいました。
現在、ノヤギのいない地域では回復傾向にあるようですが、まだまだとっても希少な種です。
大神山にあるオオハマボッスも植栽したものですが、今シーズンはたくさん花を付けてくれ、まるでお花畑のようですよ♪

タチテンノウメも小笠原固有種で、島名でテンノミと呼ばれています。
大神山はかつてテンノミ山と呼ばれていたほど、このタチテンノウメがたくさん見ることができるので、是非テンノミ山に登ってみてくださいね。

イヌシロソケイは、小笠原では外来の植物なのですが、つるを伸ばしてたくさん花をつけている様子がまるで星空の様でとっても綺麗ですよ♪

山登りにも気持ちの良いお天気ですので、是非大神山公園に遊びに来て下さいね☆


3月ビジターセンターは毎日開館しております。(次回閉館日4月1日)
開館時間は8:30~17:00です。
館内では、特別展「鯨・鯨・鯨 展」を開催中です。
毎年冬場に繁殖のために小笠原近海にやってくるザトウクジラ。今回はザトウクジラの生態の他、海や陸からのウォッチング情報や、小笠原で有名なモッチーニというクジラをご紹介していますよ♪
その他にも歴史や文化、動植物の情報などたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

    
☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター3月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。
⇒ ニュースレター3月号 [PDF 

ページの先頭へ戻る