ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年10月10日

苗木植栽

オオハマギキョウの苗です。これが成長すると・・・

このような感じになります。葉の形状から「センマイバ」とも呼ばれます。

こちらはオオハマボッスの苗です。大体開花には二年ほどかかります。

オオハマボッスの花は白く可憐な感じです。初夏の時期、南島の砂丘で一斉開花している姿は圧巻でした♪
こんにちは。
今日の島も良いお天気です。。が・・・
南に低気圧が2つありまして、今後小笠原に近づいてくるという情報もちらほら。
また台風に翻弄される週末になりそうです。

先日から大神山にあるトンボ池や、ビジターセンターの裏手に固有種「オオハマギキョウ」
と「オオハマボッス」の試験植栽を開始いたしました。
これらの固有種は、もともと父島や属島に自生していた種ですが、家畜として連れこまれた
ヤギが野生化し、芽を食べてしまうことによりほとんど野生のものがなくなってしまっている状態です。

ヤギを駆除した南島では、野生の「オオハマボッス」が復活し、今年の6月にはとても綺麗に咲きそろっていました。
現在、大神山公園ではこれらの固有種を気軽に観光のお客様や島民に親しんでもらうため試験植栽をしています。

どちらの種も少し開花までには時間がかかりますが、何年後かにビジターセンターの周りで「オオハマギキョウ」や「オオハマボッス」の花が無事咲いてくれることを祈っています。



本日ビジターセンターは閉館しています。

次回開館日はおがさわら丸入港日の10月11日からとなります。
開館時間は8:30~17:00です。

 ☆館内では特別展といたしまして
・「南島~カタチを変え続ける楽園の生きもの達」
・「返還45周年小笠原時間旅行~時をさかのぼる写真展」
を開催している他、小笠原の歴史や文化、動植物の情報をたくさん揃えておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。
 
 
☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター10月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

⇒ ニュースレター10月号 [PDF]
 
  

ページの先頭へ戻る