ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年09月03日

色々な船がやってきます。

巡視船「しきね」です。シュッとしたお顔がステキですね~

おがさわら丸が来るから岸壁を空けてくれました。

ありがとう♪

こちらが「CP-5001」 です。でかいです!
こんにちは。
今日の小笠原は曇天。午後には雨がパラつくみたいです。おがさわら丸が644名ものお客様を乗せてきますがちょっと今日は残念な天候となりそうです。

明日からは天候が回復してくれればいいのですが・・・

公園事務所がある小笠原ビジターセンターは二見湾に面した大村海岸のすぐそばに建っています

仕事をしていると嫌でも港がみえてしまうというある意味恵まれている環境にいるのですが、今日は2隻ほど大型船の姿をみることができました。

1隻は海上保安庁のはてるま型巡視船、PL-66 「しきね」でした。
おがさわら丸が接岸する岸壁についていましたが、おがさわら丸入港日のためか今は湾内に停泊しています

この型の船は日本沿岸の警備において、現場付近に展開したヘリコプターや巡視艇に対して補給や乗員の休息などの支援を提供するための拠点機能強化型巡視船として開発されたそうです。

大きさは大体1000~1300tほどで速力は30ノットも出る高速艇です。
おがさわら丸が大体20ノットくらいなのでいかに速いかわかりますね~!

もう1隻の方は五洋建設の多目的自航式起重機船、「CP-5001」でした。
こちらは海洋工事における多様なニーズに応えるために五洋建設が2012年6月 に完成させた作業船です。


去年からちょくちょく小笠原にきているのですが、まるで湾の中に浮島ができたような感じの大型船です。
巨大なバケットがついているクレーンと電光掲示板が特徴的です。
総トン数は4801t、最大速力は12ノットです。
作業船としては速い方かもしれません。

小笠原にいると海上保安庁や海上自衛隊、観光船、はたまた多国籍のヨットなどさまざまな船をみることができます。
貴重な動植物や地形などが有名だし人気ですが、こういった方面が好きな人にも楽しめる島なんですよ♪


☆本日ビジターセンターは開館しております。
開館時間は8:30~17:00までとなっております。
 
館内では、
・「小笠原時間旅行~時をさかのぼる写真展」
・「南島展」
を開催しているほか、小笠原の歴史や文化、動植物の情報をたくさん揃えておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター9月号☆
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日案内及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載しております。下記よりダウンロードしてください。

⇒ ニュースレター9月号 [PDF]
  
  
 

ページの先頭へ戻る