ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年07月02日

オオハマギキョウ

本日の大村海岸

オオハマギキョウ
(大神山地区)

オオハマギキョウ
(H12.5撮影・大村中央地区)

オオハマギキョウ
(H13.7撮影・大村中央地区)
おはようございます。
今朝は少し雲の多い朝を迎えました。定期船おがさわら丸も出港中で、園内は静かな雰囲気が漂っています。耳を澄ませていると、野鳥のさえずりがよく聞こえてきますよ♪

最近、大村中央地区にあるオオハマギキョウが大きくなってきたなと感じるようになってきました。去年の5月に撮影した写真と見比べてみると、少し背丈が伸びてきましたね。
このようにじっくり時間をかけて成長し、芽生えてから4~5年かけて一生に一度の花を咲かせます。数年後花を咲かせるのが、今からとても楽しみですね。

さて、オオハマギキョウはキキョウ科の小笠原固有植物で、たくさんの葉をつけることから島では「千枚葉」とも呼ばれています。大神山公園をはじめ、島内で見ることができるオオハマギキョウは植栽されたもので、ヤギの食害がひどく、父島の野生株は絶滅されたとされている希少な植物です。

 大神山地区(旧管理棟前)には、成長して花を咲かせているオオハマギキョウをご覧になっていただけますので、是非足をお運びになってみてくださいね。

 
本日ビジターセンターは閉館日となっております。

次回の開館はおがさわら丸入港日の4日8:30~17:00までです。
小笠原の歴史や文化、動植物の情報をたくさん揃えておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日などの案内、及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載したニュースレター7月号を発行いたしました。
ぜひ一度ご覧になってみて下さいね♪

⇒ ニュースレター7月号 [PDF]

 

ページの先頭へ戻る