ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年05月31日

生き物ってすごい!

今朝の大村海岸。サンゴの産卵のせいか潮の香りがまだ強めです。

オカヤドカリ・・・何故そこに??

赤いのが全部サンゴの卵です!

波打ち際は卵で赤く染まっていました。膨大な量ですね。
おはようございます。

今日も朝から良いお天気で心も軽くなってしまいそうな陽気です♪
もうすっかり島の雨季はぬけたようです。
おがさわら丸が昨日出港してしまったので、園内は島民の人たちがゆったり過ごしているのを朝からお見かけしました。

ゆったりといえば、今朝オオハマオモトの葉っぱの間でゆったりしているオカヤドカリをみかけました。
オカヤドカリは基本夜行性なので昼間は殻にこもっていたり、落葉の下で寝ていたりするんですけどオモトの間にはまって休んでいるのは初めて見たかもしれません。っていうかどうやって登ったんでしょう???

小笠原のオカヤドカリは基本アフリカマイマイの殻を背負っている個体が多いのですが、この子はどこから調達してきたのか立派なサザエの殻を背負ってました。
なかなかのやり手ですね!

さて、昨日はもう一つ生命の神秘を感じさせる出来事がありました。
午後からやけに潮の香りが強くなってきたなと思ってはいたのですが、大村海岸に出てびっくり!
なんとサンゴが産卵をしていました。
自然界では年に1度、初夏の満月の時期に産卵をすると言われています。
昨日は大潮ではなかったものの、満月から数えて6日目でしたのでまぁまぁ外れてはいないですね。
波打ち際はサンゴの卵で真っ赤になっていました。この莫大な卵からちゃんとサンゴとして成長するのは僅かだと言われていますが、元気に育ってもらいたいものです。
今日もまだ大村海岸の海中にはサンゴの卵が浮遊していますので是非お天気もよいことですし海水浴にきてみてくださいね。

本日ビジターセンターは閉館しております。
次回開館日はおがさわら丸入港日の6月2日からとなります。
開館時間は8:30~17:00 です。
館内にて植生プリントや散策マップも配布しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日などの案内、及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載したニュースレター5月号を発行いたしました。
ぜひ一度ご覧になってみて下さいね♪

ニュースレター5月号 [PDF]


 

ページの先頭へ戻る