ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小笠原ビジターセンター・大神山公園

おがさわらびじたーせんたー・おおがみやまこうえん

ここから本文です

その他のお知らせ

2013年04月30日

★アオウミガメの産卵シーズンがやってきました★

この、キャタピラーが通ったような後がアオウミガメの足跡です。
これから夏過ぎまでの間、小笠原のビーチには多くのアオウミガメが産卵にやってきます☆

産卵槽と呼ばれる、ウミガメが卵を産むために穴を掘った跡です。

調査をして、カメの卵があるところには、このように3本の枝がさしてあります。
これは気づかずに踏みつけてしまわないための目印なので絶対に抜かないで下さい。

大村海岸では、カメが迷って園内に入ってきてしまわないように、カメ防止柵があります。
産卵シーズン中は午後5時~午前8時までの間、ゲートを閉鎖していますのでご了承下さい。
おはようございます。

本日は朝から暖かく、風は少し強く吹いていますが、とてもよいお天気です。

さて、そろそろアオウミガメの産卵シーズンがやってきたようです♪
島内のいたるビーチでも足跡が見られるようになり、大神山公園内にある大村海岸でも、一昨日からカメの上陸を確認しております。
大村海岸では、カメが迷走してビーチから出てしまわないようにカメ防止柵を設置しています。午後5時~午前8時までの間、ゲートを閉めさせて頂くとともに、5月6日から大神山公園内のフットライトも消灯させていただきますので、お足元が悪くなりご不便をおかけいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いします。

アオウミガメはとても敏感な生き物ですので、見かけても光を当てず、物音を立てずに、静かに後ろから離れてみてください。

より多くのウミガメたちがここ父島で産卵し、生まれた小さな子ガメたちがまた父島の海へ帰ってきてくれるといいですね☆



☆ビジターセンターは本日開館しております。

小笠原の歴史や文化、動植物の情報をたくさん揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
現在、特別展「座頭鯨展」の他、「小笠原の蛾2013」を展示しております。
こちらも是非ご覧になってみてくださいね。




☆小笠原ビジターセンター・大神山公園ニュースレター
ビジターセンターでのイベント情報や特別展、開館日などの案内、及び大神山公園でのイベントや動植物の情報を掲載したニュースレター4月号を発行いたしました。
ぜひ一度ご覧になってみて下さいね♪

ニュースレター4月号を見る [PDF]

ページの先頭へ戻る